郵政上場でIPOを申し込むのに適した証券会社は?

 

2015年11月4日に東証一部に新規上場する郵政3社(日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行)ですが、IPOに申し込むのに適した証券会社はどこか?

その疑問にお答えします!

割当の多い大手証券会社ならどこでも当選確率は大

乱暴な言い方をすると、大手証券会社ならどこでも同程度の確率で当選するものと考えられます。

具体的には、
野村證券
大和証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
です。

この5社は割当も多いと考えられ、過度に当選確率が低くなることはないだろう、というのが理由です。

郵政上場は割高 – 日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行3社」でも記載した通り、個人的には「見送り」であり、
・IPO関連の情報サイトやブログでも評価は高くないこと
・吸収金額が多く当選数が多いこと
から申し込めばかなり高い確率で当選するのではないか?という予想です。

敢えて選ぶなら野村證券かSMBC日興証券

正直「どこでも良いのでは?」とすら思っていますが、敢えて選ぶなら
・野村證券
・SMBC日興証券
がオススメです。

野村證券をオススメする理由

理由は極めて単純で、主幹事の中でも割当が多いため、当選確率が相当高いと考えられるためです。

一部では、野村證券が約25%を引受けると言われています。

SMBC日興証券をオススメする理由

こちらは、手数料の安さが理由です。

上場後、売却する際の手数料が安い=利益が大きい、という単純な理由です。

関連記事:SMBC日興証券の手数料引き下げが凄い

 

敢えて2社を挙げてみましたが、配当性向の高さから配当目当ての長期保有を前提に考えると、手数料の違いも微々たるものですし「長期保有ならどの証券会社でも大差ない」というのが本音です。

なお、証券会社が万一倒産しても、顧客から預かった資産は分別管理されており、資産は守られます。当然ながら、銀行が破綻した際に発動する可能性のある「ペイオフ」(=預金の内1,000万円を超える分が保障されない)も対象外(=考える必要なし)です。分別管理やペイオフについて詳しくは「証券会社に預けた資産はペイオフの対象外」をご覧ください。

郵政3社のIPOに食指を伸ばす方のご参考になればと思います。

なお、もしIPOの抽選に外れた場合でもセカンダリー投資という方法もあります。

関連記事:日経新聞の強引な郵政上場応援記事
関連記事:郵政上場でNISAを利用する場合はスケジュールに注意!
関連記事:NISAはIPOで活用
関連記事:FXは外貨預金よりメリットが一杯
関連記事:通貨分散で海外分散投資
関連記事:日経新聞が「IPO株投資 中長期でのリターン狙いも」を紹介したタイミングがイヤらしい

スポンサード リンク

  関連記事

ネットマーケティングのIPO中止理由の真相は?

ネットマーケティングが需要申告直前にIPOを中止しましたが、その理由について様々 …

日本経済新聞
ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険は本当に割安感があるのか?

日経新聞で「高配当利回り・割安感に投資家需要強く 郵政2社株の価格決定」という記 …

オリンピック景気を見込んだ長期投資

投資・資産運用を考えた場合、2020年の東京オリンピックのことを考慮しないわけに …

投資銘柄を簡単に選ぶ方法

投資を行う上で一番悩ましく、かつ本質的なことは「投資銘柄を選ぶ」ことです。 つま …

gumi
上場ゴールの次は配信ゴール

スマホゲームのgumiが上場直後に大幅下方修正し「上場ゴール」というキーワードが …

↑PageTop