郵政上場でNISAを利用する場合はスケジュールに注意!

 

2015/11/4予定の郵政上場、つまり、日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行のIPOにNISA(少額投資非課税制度)を利用しようと考えている場合、スケジュールに要注意です。

NISAはIPOで活用」で記載した通り、主要証券会社各社では、IPO銘柄はNISA対象の金融商品となっています。

つまり、
・IPOの抽選に当選し
・当該証券会社でNISA口座を持っており
・利用枠(年間100万円)が残っている
状態であれば、NISA口座で日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行のIPOを買い付け可能です。

そこで、郵政上場に合わせて新規にNISA口座を開設しようと考えている場合、スケジュールに要注意です!

いつまでにNISA口座が開設済みなら間に合う?

まず、11/4にNISA口座を開設完了しても間に合いません。

IPOの抽選に当選し、その後、購入申込を行うタイミングで買い付ける口座を特定口座・一般口座・NISA口座の中から選択する、というのが一般的な流れです。

つまり、購入申込期間にはNISA口座が開設済みであることが求められます。

郵政3社の「購入申込期間」は、
・日本郵政:2015/10/27(火)~2015/10/30(金)
・かんぽ生命保険:2015/10/20(火)~2015/10/23(金)
・ゆうちょ銀行:2015/10/20(火)~2015/10/23(金)
となっています。

#日本郵政とかんぽ生命保険・ゆうちょ銀行で日程が異なる点にご注意下さい。

つまり、NISAを郵政3社のIPOで活用するには、
・かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行:遅くとも2015/10/23(金)まで
・日本郵政:遅くとも2015/10/30(金)まで
にNISA口座が開設済みである必要があります。

#日程は証券会社や取引コースによって多少異なる可能性があります。

NISA口座開設には2〜3週間はかかる!

ここで問題になるのは、NISA口座の開設には通常2〜3週間ほど必要という点です。

これは、必要書類を証券会社に提出してから要する日数です。

理由は、証券会社は顧客からNISA口座開設申込書と住民票を受領後、税務署に申請を行います。この税務署の審査に2〜3週間ほどかかってしまう、という事情です。

#この税務署の審査期間については、証券会社各社のHP上で異なる期間が表記されていることがあります。例えば、SBI証券は1〜2週間、SMBC日興証券は3〜5週間、という記載があります。

要は税務署の働き次第という事になるのですが、郵政上場に合わせてNISA口座を新たに開設する個人投資家も多いと考えられるため、普段以上に税務署の審査期間が長くなるのではないか?と懸念されています。

結局、逆算したスケジュールは?

仮に税務署の審査が3週間とすると、かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行の購入申込期間(10/20〜10/23)までにNISA口座を開設完了するためには、遅くとも9月中には証券会社にNISA口座開設に必要な書類一式を送付しておく必要があります。

つまり、9月中にNISA口座開設の申込を完了すること!となります。

とにかくお急ぎ下さい!

なお、日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行のIPO抽選に申し込むのに適した証券会社についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:NISAはIPOで活用
関連記事:郵政上場は割高 – 日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行3社
関連記事:ネットマーケティングのIPO中止理由の真相は?
関連記事:オリンピック景気を見込んだ長期投資
関連記事:日経平均株価の歪な算出方法(みなし額面)
関連記事:日経新聞が「IPO株投資 中長期でのリターン狙いも」を紹介したタイミングがイヤらしい

スポンサード リンク

  関連記事

お金のデザイン
フィンテック企業「お金のデザイン」が15億円を資金調達

フィンテック企業の「株式会社お金のデザイン」が新たに15億円の資金調達を完了しま …

investment-olympic
日経平均株価の歪な算出方法(みなし額面)

日本市場の代表的な指標として受け入れている「日経平均株価」ですが、実は非常に歪な …

クックパッド
クックパッドの経営権争奪戦 – 創業者による株主提案

料理レシピサイト運営のクックパッド(cookpad)が、経営権争奪戦でニュースに …

investment-olympic
日経平均銘柄入れ替えのイベント投資 – インデックス買い

日経平均株価の構成銘柄は一年に一度、定期見直しで銘柄の入れ替えが行われます。 2 …

日本経済新聞
日経新聞の強引な郵政上場応援記事

日本郵政グループの上場が2015/11/4に決まった今日、日経新聞が出した「郵政 …

bank-account
「個人向け国債」と「通常の国債」は全くの別物

マイナス金利によって ・長期金利がマイナス ・国債の運用利回りが低下 ・国債価格 …

↑PageTop