郵政上場の初値予想 – 日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行

 

11月4日に上場する郵政3社、日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行の初値予想についてご紹介します。

私自身は初値予想出来るほどの知見は持ち合わせていないため、今回は私が普段参考にしている「初値予想を無料で提供しているサイト」を3つご紹介します。

日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の初値はこちらでご紹介しています

大本命:SBI証券で見れるフィスコの初値予想

最初から大本命をご紹介します。

余り知られていないようですが、SBI証券のWebサイトでは、フィスコの初値予想を閲覧可能です。(#厳密には「初値メド」という表現が使われています)

フィスコ(FISCO)は、多くのアナリストを有する国内有数の投資情報提供会社です。

ポイントは、SBI証券に口座を持っていなくても「無料で」フィスコの初値予想を見れる、という点です。

具体的には、SBI証券の「新規上場株式レポート」の「フィスコIPOナビ Weekly Strategy 最新号」に掲載されているPDFで「初値メド」が確認できます。
#当レポートは、郵政3社分の初値メドが記載されていた最新版が削除され、郵政3社をレポートに含まない版となっています。(2015年10月7日時点)

また、同レポートの「BB参加」では、ブックビルディングへの参加スタンスが記載されています。

スタンスには、
・Aggressive(アグレッシブ)
・Active(アクティブ)
・Passive+(パッシブ・プラス)
・Passive-(パッシブ・マイナス)
・Negative(ネガティブ)
の5段階があります。

具体的には以下の通りです。

フィスコのIPOレポート:BB参加のスタンス
かなり具体的な記載があり、参考にしています。

専門家が提供している情報という点で非常に貴重な情報源です。

96ut.com

96ut.comのIPO情報では、「管理者による独自予想」と「読者の投票による初値予想」の2つが提供されています。

基本情報からロックアップ情報なども整理されており、様々な視点でのコメントもあります。

目論見書を紐解くより手っ取り早く基本情報を入手可能なサイトとして、いつも参考にさせて頂いています。

The Goal

機関投資家に勤める会社員の方が運営するサイト「The Goal」では、かなり踏み込んだ情報が提供されています。

過去の類似IPOの実績なども整理されているので、自分で調べる手間が確実に省けます。

#具体的な初値予想ではなく、4段階からなる「投資スタンス」で示されます

 

今回ご紹介した3サイトの情報を総合してIPOに参加するか否かを決めています。

#3サイトで評価がバラバラだったり、微妙な銘柄でも気になる場合は、目論見書を自力で紐解いています。

日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行へのIPO参加をご検討の方で初値が気になる場合は、今回ご紹介した3サイトを確認してみてはいかがでしょうか?

なお、私独自の初値予想は「日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行の初値予想(独自予想)」で公開中です。

 

また、IPOの抽選に外れた場合のセカンダリー投資という投資手法についてはHonest IPOの「IPO抽選に落選した場合の投資 – セカンダリー投資」に紹介されています。

同じくHonest IPOでも
日本郵政(6178)の初値予想
かんぽ生命保険の初値予想
ゆうちょ銀行の初値予想
が掲載されています。

関連記事:日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の初値形成!
関連記事:郵政上場が与える市場へのインパクト – 需給悪化
関連記事:初めての株式投資が日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の方へ
関連記事:ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険は本当に割安感があるのか?
関連記事:郵政上場は割高 – 日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行3社
関連記事:NISAはIPOで活用
関連記事:FXは外貨預金よりメリットが一杯
関連記事:日経平均株価の歪な算出方法(みなし額面)

スポンサード リンク

  関連記事

証券会社に預けた資産はペイオフの対象外

時々勘違いされている事があるのですが、証券会社に預けた資産(円や株式など)は「ペ …

個人向け国債を年利0.1%超で運用する方法

2016年5月現在、マイナス金利の影響もあり、個人向け国債の利回りは年利0.05 …

安倍首相と黒田総裁の間で「2016年の国政選挙までは追加緩和を行わない」と約束?

面白い記事を見つけてしまいました、、、 Yahoo!ニュースで掲載れた「いよいよ …

ダブルスタンダード
ダブルスタンダード(3925)の予想通りの悲しい決算(平成28年3月期)

年末に「ダブルスタンダードのIPOは錬金術?」という記事を書きました。 理由は、 …

東芝の粉飾決算
gumiと東芝で新日本監査法人がピンチ

2015年は新日本監査法人にとって苦難の年です。 年初には、昨年末にIPOしたば …

↑PageTop