「やよいの青色申告オンライン」を試してみた

 

弥生会計の青色申告シリーズで、今年の10月にサービス開始したクラウド会計ソフトの「やよいの青色申告オンライン」を試してみました。こちらはMacにも対応しており、また、弥生会計シリーズということで最新税制対応等も含め安心感があります。

#2014年12月1日現在、初年度無料サービス中です。

やよいの青色申告オンラインの魅力

私が感じているやよいの青色申告オンラインの魅力は以下の2点です。

■Mac対応

先日書いた記事「Macで使える会計ソフトがない!」にも記載しましたが、Mac OSで利用出来る会計ソフトが少ない中、Macでも使える点は非常に魅力的です。

#ソフトウェア型の「やよいの青色申告15」がまさにMac非対応です。

■仕訳入力機能

この仕分入力機能は12月リリース予定の機能でまだ実際には使えませんが、借方、貸方を意識した複式簿記の仕訳を切れる予定です。

流行のオンライン会計ソフトでは、「簿記の知識がなくても簡単会計」というのが特徴としてアピールされています。そのため、これらオンライン会計ソフトの記帳方法は、複式簿記を知っていてまして旧来の会計ソフトで仕訳を切った経験があると、違和感で一杯だと思います。

やよいの青色申告オンライン仕訳
そのため、この仕訳入力機能にはとても期待しています。

追記:「仕訳の入力」機能がリリースされました。
関連記事:やよいの青色申告オンラインに「仕訳の入力」が遂にリリース

さて、ここから実際に使ってみてのレポートです。

1)重い!!!

まずは、ログイン画面直後の画面です。

やよいの青色申告オンライン

びっくりするほど重いです、、、
・ログインに失敗したのか?
・障害?
とか、色々考えてしまいました。また、時間帯に依らず重いです。
はっきり言ってストレスを感じるレベルです。

2)取引手段、取引先などが充実

取引手段として、
・現金
・普通預金
・売掛金
などがドロップダウン形式で選択可能です。
#売掛金があるので、発生主義での記帳も簡単そうです。

また、非必須項目ですが「取引先」も入力可能です。(ドロップダウン形式になります)
この項目のおかげで後述の補助科目の用途が広がります。

やよいの青色申告オンライン

借方、貸方をほとんど意識しないインターフェースのため、正直、私には使いづらいものの、複式簿記や従来の会計ソフトに慣れていない方にとっては、この入力方法が分かりやすいかもしれませんね。

3)補助科目の設定が可能

「設定」から補助科目の設定が自由に出来ます。

先述の通り、取引先はデフォルトの項目として用意されているので、私はこの補助科目では売上に「商材」を示す補助科目を設定してみました。

私の場合、主にコンサル業務なのですが、一言でコンサルと言っても「マーケティング」「事業開発」「経営」「組織」などテーマが複数有ります。そのため、どのテーマでの売上なのかを管理するためにこのテーマを「商材」と考え、売上の補助科目に設定しています。

やよいの青色申告オンライン補助科目

私にとっては非常に使いやすく便利な機能です。

4)消費税非対応!<重要>

#追記:2015年6月29日に、やよいの青色申告オンラインも消費税に対応しました!
#詳細は「やよいの青色申告オンラインが消費税に対応!」をご覧ください。

 

この「やよいの青色申告オンライン」を試してみるにあたり、最初に売上を入力してみました。

そこで「???」と違和感。消費税は???

税抜金額を入力するのか、税込金額を入力するのか、それすら不安に。

ヘルプを調べるもそれらしき記述なし。
BSを見ても借受消費税なし。

サイトに戻って隅々まで確認していくと「機能」に記述がありました。
消費税に対応していないようです、、、

※消費税申告書の作成には、対応しておりません

やよい青色申告オンライン消費税

とても小さく(笑)

ひとまず私は個人事業主として開業一年目のため免税事業者に該当するので問題ありませんが、来期以降の事を考えると非常に微妙です。
参考記事:個人事業主の消費税

参考記事:やよいの青色申告オンラインとfreeeを比較 – 消費税対応編

総括

2015年6月に消費税にも対応されたことで特に大きな不満はありません。(重いという問題はもちろんありますが、その内サーバ強化されると信じて)

関連記事:やよいの青色申告オンラインまとめ

少なくとも、複式簿記の知識があり、借方と貸方を意識して会計ソフトを利用することに慣れている場合には、絶対に「やよいの青色申告オンライン」をオススメです。

関連記事:
個人事業主の消費税
やよいの青色申告オンラインが消費税に対応!
開業費の貸方に事業主借を選択出来ない – やよいの青色申告オンライン
やよいの青色申告オンラインに「仕訳の入力」が遂にリリース
やよいの青色申告オンライン 固定資産取得の取引手段を複数入力可能に
個人事業主は自分で会計入力(記帳)をしましょう!

スポンサード リンク

Comment

  1. […] ■「やよいの青色申告オンライン」を試してみた […]

  関連記事

all_in_one_seo_otoshiana
小規模企業共済は要注意・デメリットも要検討!

個人事業主になると ・節税効果 ・年金や退職金代わり として「小規模企業共済」へ …

tax-accountant
節税するなら寄付金で!(寄付金の40%が節税可能)

「節税」には様々なパターン・方法があります。 例えば、 ・保険等の所得控除(小規 …

開業費の具体的な仕訳方法は?
個人事業主の開業費の仕訳方法(国税局に確認済み)

個人事業主は、開業前に事業のために要した費用を「開業費」という「繰延資産」として …

会計ソフト
会計ソフトと支払調書で源泉徴収税額に差が発生

自分で記帳した結果の「会計ソフトの源泉徴収税額」とクライアントから送られてきた「 …

会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
個人事業主になる前に知っておきたい「開業費」

個人事業主には、開業のために要した支払いを「開業費」という繰延資産に計上すること …

会計ソフト
節税効果と税理士報酬、どっちが大きい?

税理士に相談して節税する。 税理士の見直しを図って税理士報酬を引き下げる。 結果 …

↑PageTop