Yahoo!プロモーション経由のユーザはAdSenseをクリックしない

 

私は往々にしてアフィリエイトとAdSenseを併用しています。

その中、あるサイトでAdwordsによる集客とYahoo!プロモーションによる集客を試してみました。もちろん目的はアフィリエイトです。

#本来、集客に広告を使うなら、AdSenseなどは貼らずにアフィリエイトに絞るべきなのですが面倒だったのでそのまま集客してしまいました。

AdwordsとYahoo!プロモーションでAdSenseのクリック率が全く違う

具体的な数字は出せないのですが、AdSenseのクリック率は、
Adwords経由 >>> Yahoo!プロモーション経由
でした。

それはもう圧倒的です。

Adwordsと言っても、実際には、集客のメインはどこかのサイトのAdSenseをクリックしての集客がメインなので、結果的にAdSenseのクリック率が高くなって当たり前と言えば当たり前かもしれません。

どう活かすか?

「Adwordsで集客するとAdSenseのクリック率は高い」

本来AdSenseより単価の高いアフィリエイト収益を、相対的に単価の安いAdSenseが奪っている可能性があります。

極端な話、アフィリエイトで誘導しようとしている広告主の広告がAdsenseで表示され、そちらに持って行かれる可能性もあります。

一方で、Yahoo!プロモーション経由での集客ならAdSenseに反応しないので、逆説的ですがしっかりとアフィリエイトに誘導できる、アフィリエイト収益を損なうことがない、という考え方もあり得ます。

しかしながら、アフィリエイトへの誘導に失敗したユーザがAdSenseに反応し、少しでも集客コストをAdSenseでも補ってくれている、という発想もあります。この場合、Yahoo!プロモーションは集客コスト補完を全くしてくれない、ということになります。

アフィリエイトと広告枠は競合するのか?

つまるところ、アフィリエイトとAdSenseやKauliなどの広告枠は競合するのか?というのがテーマと言えます。

難しいですね、、、

それこそ、総合通販サイト(EC)でも、少しでもマネタイズするために広告枠を作っている場合もあります。せっかくお金をかけて集客したユーザを、往々にしてその金額より安い単価で外部へ誘導するのです。

 

もっとしっかり調べたい!知りたい!という方は、是非、Adwordsによる集客とYahoo!プロモーションによる集客を同時に行ってテストしてみて下さい!

関連記事:
アフィリエイト(A8)のクリック数がAdsenseのクリック数の8.2倍
AdsenseとKauliのeCPM比較
AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
広告をクリックしやすいユーザの存在
Yahoo!プロモーション広告はフリーメールでは使えない

スポンサード リンク

  関連記事

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

外部リンク(発リンク)はSEOに不利なのか?
外部へのリンク(発リンク)はSEOに不利?

SEOでは「リンクジュース」という言葉が使われ、外部サイトへのリンク(発リンク) …

CPM単価を上げる方法

インプレッション課金型広告(CPM)による収益を上げる方法があります。 前提とし …

google adsense
AdSenseの広告タイプの設定が機能していない

先日、当ブログのPC表示で最上部に表示されるAdSenseのビッグバナー(728 …

All in One SEO Packの落とし穴 – カテゴリーが”noindex”に

WordPressで必須プラグインの”All in One SEO …

↑PageTop