AdSense(アドセンス)で使う用語解説

 

先ほど調べ事をしていてたまたま見たブログ記事で、Adsenseの単価(CPM)を上げると書きながら、実際にはクリック単価(CPC)の話から始まり、クリック率(CTR)の話になり、つまるところeCPM(=AdsenseではRPM)の話だったという内容を見ました。

(このレベルで用語の誤用があるページが上位表示されていたのが悲しかったのですが、、、)

そこで、Adsense(アドセンス)で使う基本的な用語を解説してみます。
#RPM以外は広告全般での用語です

AdSenseで使う用語

RPM

RPMは、eCPMと同じ指標です。

1,000imp当たりの(見積り)収益額を示します。

後述のCPCやCPMも全て統合された指標です。

#参考:AdsenseのRPMとeCPMの違い

eCPM

eCPMは、実はAdsenseでは使わない用語です。

理由はAdsenseではRPMという指標でeCPMのことを表しているためです。

1,000imp当たりの収益額を指します。

#参考:eCPMとは?

CPC

CPCは”Cost Per Click”の略でクリック単価のことです。

つまり、1クリック当たりの単価です。金融や人材、車、美容などの広告が一般的にCPCが高いと言われています。

CTR

CTRは”Click Through Rate”の略でクリック率のことです。

クリック率は「クリック数/広告表示回数*100」で求めます。

CPM

CPMは”Cost Per Mile”の略で1,000imp当たりの広告費を示します。

RPMやeCPMとの違いは、CPMは「インプレッション課金型」で用いられる指標、つまりクリック有無に関わらず広告費が発生するインプレッション課金型広告における1,000imp当たりの収益である点です。

RPM、eCPMは「クリック課金型」と「インプレッション課金型」を合わせて1,000imp当たりの収益を指します。

eCPMはクリック課金型広告(CPC)やインプレッション課金型広告(CPM)を統合した広告費を1,000imp当りの広告費に変換した指標

詳しくは「eCPMとCPMの違い」をご覧下さい。

用語を正しく理解するための背景

RPM、eCPM、CPC、CPMを理解するための背景として、Adsenseでは以下2種類の広告が存在することを知っておく事が重要です。

1)クリックがあると報酬が発生するクリック課金型
2)広告が表示されるだけで報酬が発生するインプレッション課金型

そして、1)のクリック課金型ではCPCが単価であり、2)のインプレッション課金型ではCPMが単価と言われます。

ですが、CPCとCPMでは比較のしようがないため、eCPMという指標に変換することで「1,000imp当たり」という条件を揃えています。

 

その他にも沢山の用語・指標がありますが、まずは基本と言うことで。

関連記事:
AdsenseのRPMとeCPMの違い
eCPMとは?
eCPMとCPMの違い
AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
ブログで収益を得るための基礎知識 – 広告の種類
アフィリエイト(A8)のクリック数がAdsenseのクリック数の8.2倍

スポンサード リンク

  関連記事

Google Analytics
便利なGoogle Analyticsの公式スマホアプリ

Google Analytics(GA)のデータ確認のためにいちいちPCを立ち上 …

all_in_one_seo_otoshiana
A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意

個人がアフィリエイトを始めるなら欠かせない存在であるアフィリエイトASP大手のA …

アドテクノロジー:cookie sync
アドテクのcookie sync – DSPとDoubleClick Ad Exchange

アドテク(アドテクノロジー)では、cookie sync(クッキーシンク)と言わ …

セッション・PV数の季節要因の大きさ

多かれ少なかれ、どのサイトでも起きる現象だと思いますが、当ブログは、セッション数 …

Google Analytics
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法

Google Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwords …

A8に登録されている色々なSEOサービス
正解が分からないSEOは怖い!

SEOの正解は誰にもわかりません。 理由は簡単で、Googleなどの検索エンジ …

↑PageTop