WordPressのスタイルシート(CSS)を編集しても反映されない場合

 

WordPressのテーマのスタイルシート(CSS)を編集しても表示に変化がない場合があります。(変更が反映されていない)

実際、先ほど、これにハマりました、、、

Chromeでは正常に反映されたのにSafariでは反映されておらず、何度も見直しました。

同じPC・OSのブラウザで表示に違いが発生したため、ブラウザ固有の一種のバグかとも思い調べてしまいました。(ちょうど、floatの設定だったため、それっぽい検索結果も見つかり、あれこれ読むものの解決せず)

結果、改めて表示が反映されていなかったSafariのソースでスタイルシートを確認したところ、編集内容が反映されていないスタイルシートになっていました。

要はキャッシュです。

スタイルシートのキャッシュ更新方法

画像では、画像URLに適当なクエリを付けるとキャッシュに関係なく最新版が表示されるのですが、スタイルシートの場合、例えば”style.css?123″としても最新版は表示されませんでした。

そこで、ブラウザの設定でキャッシュをクリアする方法もあるのですが、今回は、スーパーリロードという方法を採用しました。

具体的には、以下の操作でスーパーリロードが実行可能です。

■Windows

・IE、Chrome、Firefox
Ctrl+F5

・Safari
Ctrl+R

■Mac

・Chrome、Safari
Command+R

・Firefox
Command+Shift+R

#詳しくは、LIGブログで紹介されている「サイトの修正が反映されない時の対処法(スーパーリロード、キャッシュクリア)」をご覧下さい。

 

余りにも初歩的な事ではありますが、反映されてないと思った場合、キャッシュを疑いましょう!問題の切り分けを行う上で、恐らく一番最初に確認すべき点です。

今回、自分自身がやってしまったので自戒の念を込めて記事にいたしました。

みなさまもお気をつけあれ!

関連記事:
Office 365 for Macの罠:Accessは非対応
Google AnalyticsでMacユーザのアクセス割合を調べる方法
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用

  関連記事

google adsense
DSPのパフォーマンス比較(Google AdSenseから読み取る)

Google AdSenseのレポートの中には「広告ネットワーク」というレポート …

セッション・PV数の季節要因の大きさ

多かれ少なかれ、どのサイトでも起きる現象だと思いますが、当ブログは、セッション数 …

A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意

個人がアフィリエイトを始めるなら欠かせない存在であるアフィリエイトASP大手のA …

google adsense
Adsenseを誤って自己クリックした場合

Google Adsenseで誤って自己クリックしてしまいました、、、(誤クリッ …

google adsense
Google AdSenseの広告枠上限が撤廃(3枠超の設置が可能)

Google AdSenseはポリシーの中で1ページ中に設置可能な広告枠(広告ユ …

↑PageTop