投資銘柄を簡単に選ぶ方法

 

投資を行う上で一番悩ましく、かつ本質的なことは「投資銘柄を選ぶ」ことです。

つまり「どの株を買うか?」です。

一般的には、
・新聞や雑誌
・証券会社のアナリストレポート
・みんかぶ等のクチコミ情報
などから情報収集し、銘柄選定を行うと思います。

また、有料の投資情報サービスでオススメ株の情報を入手している方も多いかと思います。

ですが、今回は、全く異なるアプローチで「簡単に買う銘柄を選ぶ方法」をご紹介します。

投資信託の運用レポートを確認する

非常にシンプルな方法です。

投資信託の運用レポートなどを確認し、その投資信託が組み入れてる株を調べるだけです。

例えば、野村證券が始めた話題の投資信託「日本企業価値向上ファンド」のマンスリーレポートには、下図の通り、組入上位10銘柄が記載されています。

野村 日本企業価値向上 組入上位10銘柄

このファンドは2015年4月からスタートしており、このレポートの4月末時点では、まだ運用開始1月なのですが、総資産2,000億円の大型ファンドです。

そして、既に99%が国内株式に投資されています。

つまり「『野村肝入りの注目ファンド』が注目している銘柄TOP10」がこのレポートで読み解けます。

投資信託の運用レポートは誰でも見れる

投資信託を購入した経験がない方、検討したことがない方にとっては、投資信託の運用レポート自体、見たこともないかもしれません。

ですが、投資信託の運用レポートは、証券会社の口座にログインすれば、その証券会社が取り扱っている投資信託については誰でも(=つまり投資信託を購入していなくても)閲覧可能です。

実際、上述の野村日本企業価値向上ファンドを私は購入しておらず、野村證券のネット&コールというネット証券口座から確認しました。

楽天証券やSBI証券からでも、各社が取り扱っている投資信託であればレポートは確認可能です。

配当重視の投資信託を選べば、配当重視の銘柄選定が可能

株価上昇による、いわゆる値上がり・キャピタルゲイン狙いではなく、安定した配当を重視した株式投資が行いたい場合は「配当重視の投資信託」のレポートを確認すればOKです。

例えば、三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用する「日本株配当オープン」という投資信託があります。

この投資信託の目論見書によると「ファンドの特色」は以下の通りです。

わが国の株式の中から、予想配当利回りが比較的高いと判断される銘柄及び配当増が予想される銘柄群に実質投資し、安定した配当収益の確保、値上がり益の追求及び中長期的な信託財産の成長を目指します。

そして、実際に組入上位銘柄も記載されています。

これで「予想配当利回りが比較的高いと判断される銘柄及び配当増が予想される銘柄群」の上位銘柄を知ることができます。

 

投資信託を運営する会社・ファンドマネージャーは、様々な情報をコストをかけて収集し、長年の知見から投資銘柄を選定して運用していますが、その運用の一端を「タダで」「簡単に」知る事が出来るというお得な方法です。

以上、誰でも出来る簡単な投資銘柄の選び方のご紹介でした。

#レポートとして出てくるタイミングは、既に当該ファンドが「組み込んだ後(=買った後)」ですので「買い時」を逃している可能性がある点や、そもそも全てのアクティブファンドの運用実績が日経平均より高いわけではない点などなど、リスク面にはご留意ください。

関連記事:
通貨分散で海外分散投資
インデックス投資:投資信託とETFの違い
投資信託の信託報酬が安い事は本当に重要?
証券会社に預けた資産はペイオフの対象外
NISAの注意点!損益を通算出来ない!
オリンピック景気を見込んだ長期投資
アジア・オセアニア好配当成長株オープンの投資先は香港・オーストラリア・台湾・韓国ばかり

スポンサード リンク

  関連記事

郵政上場
郵政上場は割高 – 日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行3社

2015年11月4日に上場予定の郵政3社、日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行 …

investment-olympic
岡三オンライン証券に口座開設で2,000円GET!

中堅証券である岡三証券のオンライン証券会社、「岡三オンライン証券」に口座を開設す …

郵政上場
日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行の初値予想(独自予想)

11月4日に新規上場を控えた郵政3社、日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行につ …

郵政上場
日本郵政グループIPOの投資判断を遅らせる裏技

日本郵政グループの需要申告(ブックビルディング)が10月8日(木)から始まりまし …

investment-olympic
FXは外貨預金よりメリットが一杯

通貨分散について記載しましたが、日本円建ての資産運用・保有ではなく「外貨建て」の …

日本経済新聞
ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険は本当に割安感があるのか?

日経新聞で「高配当利回り・割安感に投資家需要強く 郵政2社株の価格決定」という記 …

↑PageTop