フリーランスがバーチャルオフィスを使う理由

 

「バーチャルオフィス」という言葉を聞いたことは多いものの
・どんな人が利用するのか?
・何故、利用するのか?
と不思議に思ったことはありませんか?

バーチャルオフィスを契約するメリットは大きく別けて2つあります。

1)来客対応等で貸し会議室が利用できる
2)名刺の住所にバーチャルオフィスの住所を記載できる(=自宅住所を載せなくて良い)

1)来客対応等で貸し会議室が利用できる

フリーランス・個人事業主で仕事は自宅やカフェで行っており、オフィスを構えていないケースは非常に多いです。

ただ、取引先との会議などで来客対応が必要な際、
・流石に自宅では、、、
・カフェはうるさいし話を聞かれたくない
と感じます。

そんな時、貸し会議室を利用します。

例えば、バーチャルオフィスのKarigoでは、1時間2,000円程度で利用可能です。

オフィスを構えたり、自宅に来客を招く事を考えると安いものです。

2)名刺の住所にバーチャルオフィスの住所を記載できる(=自宅住所を載せなくて良い)

この理由での契約も非常に多くあります。

バーチャルオフィスを契約すると、そのオフィスの住所を名刺に記載できる「住所貸しサービス」と言われるサービスがあります。

フリーランス・個人事業主の方で、名刺を作成する際「住所に自宅住所を記載するのか?」と悩んだ方は多いのではないでしょうか。私もその一人です。

そんな時、自宅住所を名刺に記載して、その名刺をバラまく気にはなりませんよね、、、
#関連記事:フリーランスの名刺に自宅住所は載せるか?

そこで、バーチャルオフィスを契約します。

 

以上、バーチャルオフィスをオフィスを利用する理由は、主にフリーランスや個人事業主が、
1)自宅に来客を招きたくないので貸し会議室を利用する
2)名刺に自宅住所を記載したくないので住所貸しサービスを利用する
ためです。

なお、バーチャルオフィスなら「月額3,150円から契約可能で全国34拠点を構えるKarigo」がオススメです。

都内だけでなく地方にも複数の拠点を構えているのが魅力です。例えば、北海道 札幌、宮城 仙台、茨城、千葉、埼玉、神奈川、静岡、名古屋、京都、大阪、兵庫 神戸、広島、岡山、高知、福岡、博多に拠点があります。これは嬉しいですね。

また、よりハイクラスなイメージを作りたい場合、レンタルオフィス大手のリージャス(Regus)が提供するバーチャルオフィスもオススメです。都内だと「渋谷マークシティ」などを提供しています。
#最近、サイト上で料金一覧が閲覧可能になりました。渋谷マークシティが12ヶ月契約で月額16,900円です。その他、都内でも安いと12ヶ月契約で月額7,900円というプランも用意されています。

関連記事:
フリーランスの名刺に自宅住所は載せるか?
意外に悩むフリーランスの名刺
会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
個人事業主になる前にやるべきこと番外編
住所貸しサービスとは? – プライバシーと信頼感を買う
個人事業主・フリーランスの印鑑

スポンサード リンク

  関連記事

会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
個人事業主として独立・開業する際の7つのオススメサービス

実体験から個人事業主・フリーランスとして独立・開業する際のお勧めクラウドサービス …

個人事業主から会社員に戻っても小規模企業共済には加入し続けられる!

個人事業主にとって、 ・節税 ・年金や退職金代わり の仕組みとして「小規模企業共 …

フリーランスの名刺
名刺デザインのポイント

名刺には、勤務先・肩書き・氏名・住所・電話番号が入っていればそれで良し、としてい …

会計ソフト
個人事業主の消費税

消費税法は税理士試験の一科目になるほど複雑ですが、個人事業主の消費税は比較的単純 …

フリーランスの名刺
意外に悩むフリーランスの名刺

会社を退職してフリーランス(個人事業主)として独立した際、実は「名刺」に悩まし …

↑PageTop