ベンチャー企業は既卒を採用ターゲットに!

 

ベンチャー企業の一番の悩みは人材です。

資金も悩みどころではありますが、現在、金融緩和の影響もありベンチャー投資マーケットは金余り傾向でもあり、また近年シード投資も(多少)活発になってきたことで本気でIPOやバイアウトを目論んでいるベンチャーは、そこそこの資金を調達できている感触です。

今まででは考えられなかった金額の調達も多いです。

ただ、いくらお金があっても人材難に苦しみます。

採用力が低いのか?

一般的にベンチャー企業は採用力が低いと言われますが、相応の給与さえ用意出来れば「十分なキャリアを持つ人材」を採用可能です。

特に30代、40代の管理職経験者クラスをターゲットにした場合、採用力が低い、とまでは言えないように感じています。

それでも人材難な理由

それでもベンチャー企業は人材難です。

私が所属していた会社や、クライアント企業、懇意にしている企業を見ている限り「ベンチャー企業側の採用の仕方が下手・悪い」という印象です。

具体的には、立ち上げメンバー2、3人が手一杯になっている中で、管理職クラス、事業責任者クラスが欲しくなって、大手企業での管理職経験者や実務経験が豊富な人材(多くは30代〜40代)を採用しているケースです。

「ベンチャー企業での働き方」と「大手企業での働き方」は全く異なります。ベンチャーでは、四半期、半年、年単位で事業そのものやサービスも変わったり、喫緊の課題が変わっていきます。

その中では「社内の誰もが未経験・やったことがないこと」にチャレンジしなければいけない事の連続です。

即戦力と考えて採用した人材が、この変化に対応出来ないことが多く見られます。

当たり前と言えば当たり前です。

一般に現在の中途採用市場は「総合職」採用ではなく「ポジション」「専門職」採用です。求職者側も「やりたいこと」「得意なこと」などを考えて、自身のキャリア形成を考えている場合が多く「自分の仕事」をある程度定義・決めて入社していることが多いと思います。

ただ、ベンチャー企業では、重要度と緊急度から社員に専門外の業務も求めます。

そこで意識(もしかすると無意識)レベルで齟齬が発生し、パフォーマンスが出なかったり、コンフリクトが起きやすくなります。

結果、実務経験も豊富・チームマネジメント可能でも「変化への適応力」が弱くなりがちで、採用しても人材難状況が続いてしまうという悪循環です。

また、経験が豊富であればあるほど「仕事のやり方」が身に付いていて、そのスタンスを新しい会社でも維持しようとする傾向があります。これは、30代以上くらいの中途採用ではよく見られる現象です。極端な話、30人規模のプロジェクトで動くのが当然だった人が、3人のチームで働く環境に置かれれば、全く異なる働き方が必要になるのは当然なのですが、無意識にどうしても今までのスタンスから離れられないという場合です。

#例外はもちろんあります。上手くアジャストしてベンチャー企業の成長をドライブする方も沢山います。

ベンチャー企業は染まっていない人材採用を

ベンチャー企業では「経験豊富な人材」が必ずしも活躍できるとは限りません。

と言うよりも、半年後、一年後に欲しい人材を明確に示せるベンチャー企業の方がそもそも少ないのではないでしょうか。

そのため、ベンチャー企業は、経験に縛られず「何でもやる!」というまっさら(に近い)人材、仕事に関して固定概念に染まっていない人材の採用をオススメします。

ただ、新卒採用は余りオススメしません。

理由は、1年後のことを想定出来ないフェーズで新卒採用を行おうとしても、雇用のミスマッチを生む可能性が高いためです。また、新卒採用に費用(人的工数含む)をかけても入社は一年や半年後です。

そこでオススメが既卒人材

第二新卒もオススメではあるものの、第二新卒は大手も含めて採用のターゲットとしており、競争が激しいため、実は多くの企業が見逃している「既卒」が狙い目です。

ただ、なかなか既卒を採用可能な媒体・ルートが分からない、、、

私が注目しているのは、既卒・第二新卒専用の就職活動サポートを行っている第二新卒ナビです。

既卒を大きく出しているサービスは少ないので注目サービスです。(実は、クライアント向けに調査していて見つけたサービスです)

関連記事:
既卒を積極採用したい!
就職活動(就活)に失敗した時の対策と選択肢
既卒でも就職できる! – 既卒の就職活動

スポンサード リンク

  関連記事

企業の採用
自分の市場価値を知る – メジャー求人媒体

「自身の市場価値を常に意識する – 求人媒体とエージェントを活用」でもご紹介した …

企業の採用
学歴フィルターは存在します(どこで発動するかの違い)

ゆうちょ銀行の新卒向けセミナーで、日東駒専で登録した学生には「満席」と伝え、東大 …

techacademy
TechAcademyのオリジナルサービス開発は非効率

先日「TechAcademyの体験談 – 良い所・悪い所」という記事でいわゆるク …

個人事業主/フリーランスになるまえの事前準備
独立してフリーランスになる前に簡単な市場調査をしよう

会社を退職してフリーランスとして独立する前に簡単な市場調査をしましょう! 一度会 …

企業の採用
既卒を積極採用したい!

ベンチャー企業にいると既卒採用を積極的に行いたいと切に感じます。 既卒採用をした …

個人事業主の信用力
個人事業主・フリーランスになるなら、まずはクラウドワークスに登録!

会社を退職して個人事業主・フリーランスとして独立する場合、まずは「クラウドワーク …

↑PageTop