投資信託の購入手数料をゼロ円にする方法

 

購入手数料がゼロ円で投資信託を購入できる方法をご存知ですか?

この方法は、いわゆる「ノーロード」ではなく、購入手数料が必要な投資信託でもゼロ円になる方法です。

最近はノーロードの投資信託も増えていますが、まだまだアクティブ型を中心に購入手数料が必要な投資信託が多くあります。

ノーロードを除くと、購入手数料・申込手数料は0.8%〜3.2%くらいが多く、特にテーマ型などのアクティブ型投資信託では3%近い手数料の場合もあります。

そんな投資信託でも購入手数料・申込手数料がゼロ円になります。

SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」を活用

SMBC日興証券には積立型商品である「投信つみたてプラン」があります。

これは「投信積立」と言われるもので、毎月定額(例えば1万円)で投資信託を買い付け、いわゆる「ドルコスト平均法」による時間分散投資方法を実現させた投資方法です。
#SMBC日興証券以外の証券会社における「投信積立」の名称はこちらをご覧下さい

この「投信積立」にも「購入手数料・申込手数料」がかかります。

多くの証券会社では、当該投資信託に設定されている通常の購入手数料が、そのまま投信積立でも適応されます。

つまり、ノーロードの投資信託であれば無料、3.0%の投資信託であれば投信積立でも3.0%という形です。

ところが、SMBC日興証券の「投信つみたてプログラム」では、申込手数料が一律で1.08%となります。普通に購入すると購入手数料3.0%の投資信託も「投信つみたて」なら1.08%です。

さらに「バンク&トレード」に申し込むと月10万円以下の購入は申込手数料が無料になります!

#バンク&トレードとは、SMBC日興証券とSMBC三井住友銀行の口座を連携させるサービスで、申込料や利用料は不要で無料のサービスです。

これで月10万円以下なら購入手数料を支払うことなく投資信託を購入可能です。

例えば、人気の「J-REIT・リサーチ・オープン」はSMBC日興証券では通常3.24%の購入手数料が必要ですが、バンク&トレードに申し込んで投信つみたてなら、購入手数料が無料になります。

是非、活用してみて下さい。

関連記事:
投資信託を安く買う方法 – 購入手数料3.24%の投資信託も1.08%
証券会社別「投信積立」のサービス名
インデックス投資:投資信託とETFの違い
投資信託の信託報酬が安い事は本当に重要?
個人型確定拠出年金の落とし穴(デメリット)
通貨分散で海外分散投資
投資銘柄を簡単に選ぶ方法
SMBC日興証券の手数料引き下げが凄い!

  関連記事

投資信託の信託報酬が安い事は本当に重要?

最近、投資信託を選ぶ際は「信託報酬が安いものを選ぶように」というアドバイスを目に …

マイナス金利でMRFが元本割れするリスク

日銀のマイナス金利導入により、MRFが元本割れするリスクが取り沙汰されています。 …

東京オリンピック関連銘柄は大手ゼネコンがオススメ

2020年に開催を控えた東京オリンピックを睨んだ株式投資は、今から買っても出遅れ …

JPX 日本取引所グループ
日本取引所が超高速取引などの監視体制強化

東証や大証の持ち株会社である日本取引所の自主規制法人が、国際審査室を設け、海外投 …

個人型確定拠出年金の落とし穴(デメリット)

個人型確定拠出年金(401k)は節税効果抜群の資産運用方法です。 ただし、余り知 …

↑PageTop