投資信託を安く買う方法 – 購入手数料3.24%の投資信託も1.08%

 

投資信託を安く買う方法、つまり、購入手数料を安くする・安価に抑える方法をご紹介します。

最近はノーロードの投資信託も増えていますが、まだまだアクティブ型を中心に購入手数料が必要な投資信託が多く、購入手数料・申込手数料は0.8%〜3.2%くらい、特にテーマ型などのアクティブ型投資信託では3%近い手数料の場合もあります。

ご紹介する投資方法では、税込3.24%の購入手数料に設定されている投資信託も1.08%で購入可能で

SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」の購入手数料は一律1.08%

SMBC日興証券が提供する投信積立サービスである「投信つみたてプラン」は、購入手数料が一律で1.08%に設定されています。

例えば、人気の「J-REIT・リサーチ・オープン」はSMBC日興証券では通常3.24%の購入手数料が必要ですが「投信つみたて」なら、購入手数料は1.08%です。

さらに、投信つみたてプランは、最大で月額100万円まで買付設定が可能ですので、一気に投資可能です。

100万円投資したいのに、ちまちま毎月10万円×12ヶ月もかける必要はありません。

#積立金額を変更したり、投信つみたてプランの契約を解除可能です
#変更や解除の手続きには日数が必要となりますので、次の引落日までに手続きが完了するように気を付けて下さい

これで購入手数料3.24%の投資信託も事実上1.08%で買付可能になります。

 

このようにSMBC日興証券の「投信つみたてプラン」を活用すると投資信託の購入手数料・申込手数料を安く抑えることが可能になります。

さらに「投信つみたてプラン」は「バンク&トレード」というサービスに申し込むと毎月10万円までの購入手数料がゼロ円になります!
#バンク&トレードは、SMBC日興証券とSMBC三井住友銀行の口座情報を連携する無料サービス

#参考:投資信託の購入手数料をゼロ円にする方法

SMBC日興証券の投信積立サービスである「投信つみたてプラン」を活用すると投資信託の買付がお得になりますので、オススメです。

関連記事:
投資信託の購入手数料をゼロ円にする方法
証券会社別「投信積立」のサービス名
インデックス投資:投資信託とETFの違い
投資信託の信託報酬が安い事は本当に重要?
個人型確定拠出年金の落とし穴(デメリット)

  関連記事

2016年IPO企業の下方修正が多発?!

2017年1月26日、日経新聞に「新規公開企業、下方修正相次ぐ 目立つ一転減益・ …

ロゼッタ&あんしん保証のIPO初値は4倍超

11月19日、東証マザーズに新規上場したロゼッタ(6182)とあんしん保証(71 …

ヤマダ電機
ヤマダ電機の株主優待券の使い方

ヤマダ電機の株主優待券は人気の株主優待です。 私もヤマダ電機株は数年程保有し続け …

東芝の粉飾決算
東芝の株主も市場も舐めたIRにイライラ

長年にわたる粉飾決算で炎上中の東芝が「二度目の決算発表延期」を8/31(月)に発 …

個人型確定拠出年金の落とし穴(デメリット)

個人型確定拠出年金(401k)は節税効果抜群の資産運用方法です。 ただし、余り知 …

↑PageTop