証券会社別「投信積立」のサービス名

 

毎月定額(例えば1万円)で投資信託を買い付け、いわゆる「ドルコスト平均法」による時間分散投資方法を実現させた投資方法である「投信積立」ですが、証券会社によって名称が全く異なります。

普通に証券会社のWebサイトを見ていると「投信積立だと気付けない」場合すらあります。

そこで今回は証券各社の「投信積立」の名称を整理してみました。

投信積立の名称一覧

「投信積立」サービスの名称は、以下の通りです。

・野村證券「ファンドるいとう
・SMBC日興証券「投信つみたてプラン
・大和証券「投信積立サービス
・みずほ証券「みずほdeつみたて バランスくん
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券「らくだくん
・SBI証券「投信積立
・楽天証券「投信積立
・マネックス証券「投信積立プログラム
・カブドットコム証券「プレミアム積立
・岡三オンライン証券「投信積立サービス
・東海東京証券「ファンド・ツミタテ
・岡三証券「投信るいとう
と呼ばれています。

みずほ証券の「みずほdeつみたて バランスくん」や三菱UFJモルガン・スタンレー証券の「らくだくん」などは、普通に見ていると投信積立だと分からず見逃してしまうのではないでしょうか?

なお、SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」を活用して、購入手数料・申込手数料ゼロ円で投資信託を購入する方法を「投資信託の購入手数料をゼロ円にする方法」でご紹介しています。

関連記事:
投資信託の購入手数料をゼロ円にする方法
投資信託を安く買う方法 – 購入手数料3.24%の投資信託も1.08%
インデックス投資:投資信託とETFの違い
投資信託の信託報酬が安い事は本当に重要?
個人型確定拠出年金の落とし穴(デメリット)
通貨分散で海外分散投資

  関連記事

お金のデザイン
フィンテック企業「お金のデザイン」が15億円を資金調達

フィンテック企業の「株式会社お金のデザイン」が新たに15億円の資金調達を完了しま …

東京オリンピック関連銘柄は大手ゼネコンがオススメ

2020年に開催を控えた東京オリンピックを睨んだ株式投資は、今から買っても出遅れ …

郵政上場
日本郵政の自社株買いの結果(株価への影響)

12月2日発表され、翌3日に実施された日本郵政(6178)の自社株買いの結果(株 …

日本郵政
郵政3社のTOPIX採用によるインデックス買い結果

2015年12月30日に郵政3社、日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行がTOP …

メタップス(6172)のIPOは公募割れ

本日8/28に東証マザーズに新規上場した株式会社メタップス(6172)は公募割れ …

↑PageTop