国税庁のサイトリニューアルでタックスアンサーに辿り着けない

 

国税庁のサイトがリニューアルしました。

通常、Webサイトのリニューアルでは、URLが変更になるページが発生すると新URLへリダイレクトの設定を行い、ユーザが旧ページにアクセスしても適切な新ページへ誘導されます。

が、今回の国税庁のリニューアルでは、基本的にこのリダイレクトが行われませんでした。

国税庁によると以下の通りです。

リニューアルに当たり、トップページのURL(https://www.nta.go.jp)に変更はありませんが、情報分類の整理を行ったことから、各ページの掲載場所やほぼ全てのページのURLが変更になっています。

大事なタックスアンサーのURLも変更に・・・

税務で困った時、検索エンジンで検索すると上位に国税庁の「タックスアンサー」のページが表示されていたのですが、リダイレクトが設定されていないため、検索エンジンが対応できていません。

つまり、検索結果は古いURLが表示され、アクセスしても「リニューアルしました」ページが表示されてしまい、正しいページへアクセス出来ません。

#2018年4月6日時点で随時改善が進んでいるようです

そして、当然ながらブログやQ&Aで国税庁のサイトへリンクを設定していても「リンク切れ」を起こしています。

例えば、以下のページでタックスアンサーへリンクを設定していましたが、見事にリンク切れとなりました。

個人事業主への支払に源泉徴収は必要か?

非常に困ったリニューアルです。

間違いなく「リニューアル失敗事例」です。

正しいサイトリニューアル

サイトをリニューアルした際は、先述の通り、URLに変更が発生するページは「リダイレクト」を設定しましょう。

具体的には「301リダイレクト」と呼ばれるリダイレクトを用います。

これは「恒久的な転送」を意味します。(302リダイレクトは「一次的」ですので、サイトリニューアルは正に恒久的なので301です)

301リダイレクトを設定すると、ブラウザでアクセスしたユーザが新ページへリダイレクトされるだけでなく、検索エンジンに対しても新URLへ移転した事が示されるため、原則として検索エンジンの評価が新URLへ引き継がれるとされています。

ユーザに迷惑をかけないためにも正しいサイトリニューアルを行いましょう。

  関連記事

DFA(DoubleClick for Advertisers)がDCM(DoubleClick Campaign Manager)に名称変更していた

今さら?なのでしょうが、今日気付きました。 いつの間にか、DFA(DoubleC …

外部リンク(発リンク)はSEOに不利なのか?
外部へのリンク(発リンク)はSEOに不利?

SEOでは「リンクジュース」という言葉が使われ、外部サイトへのリンク(発リンク) …

個人事業主への支払に源泉徴収は必要か?

「個人事業主への支払に源泉徴収は必要か?」と書きましたが、個人事業主の立場からは …

会計ソフト
やよいの青色申告オンラインとfreeeを比較 – 消費税対応編

クラウド会計ソフトの「やよいの青色申告オンライン」と「freee」のどちらが良い …

個人事業主から会社員に戻っても小規模企業共済には加入し続けられる!

個人事業主にとって、 ・節税 ・年金や退職金代わり の仕組みとして「小規模企業共 …

↑PageTop