STINGER5 × All in One SEO PackでOGPを設定する際は画像サイズに注意

 

WordPressの無料テーマであるSTINGER5 + SEOプラグインの”All in ONE SEO Pack”の組み合わせで簡単にOGP設定を行う方法については「STINGERでOGPを簡単に設定する方法」でご紹介しました。

また、OGP設定に際して注意が必要な”Facebook Object Type”については「OGP設定項目”Facebook Object Type”に注意 – “Blog”は消えた選択肢?」でご紹介しました。

今回は、STINGER5とAll in One SEO Packの組み合わせでOGP設定を行う際のアイキャッチ画像(サムネイル画像)のサイズに関する注意点をご紹介します。

STINGER5のアイキャッチ画像サイズとfacebook OGPのミニマム画像サイズ

STINGER5のデフォルト設定では、一覧でのアイキャッチ画像(サムネイル画像)は150×150pxです。

対して、facebook OGPのミニマム画像サイズは200×200pxです。

そのため、All in One SEO Packの全体設定である
All in One SEO > Social Meta > Image Settings
で以下のように”Select OG:Image Source”にアイキャッチ画像を設定しても、アイキャッチ画像が150×150pxの場合、facebookの仕様に適合しません。

#個別の投稿ページでOGPのサムネイル画像を指定可能ですが、そこで指定を行わなかった場合、この”Select OG:Image Source”で選択した設定の画像がデフォルト表示されます。

All in One SEO PackのSocial Metaで設定するOGPの画像

#なお、facebookの推奨は「1200×630px以上」です。

個別設定でImageを指定しなかった場合(アイキャッチ画像は150×150px)

facebookのデバッガにかけたところ、以下の通りでした。

og:imageはアイキャッチ画像になっています。#このアイキャッチ画像は150×150pxです

facebookのデバッガでOGP設定を確認

しかしながら、表示は以下のようになると示されました。

完全にog:imageの設定がfacebookによって無視されています。

facebookのデバッガによる表示例

なお、当ページの個別設定は下図の通り、imageを指定していません。
(⇒デフォルト設定にしたアイキャッチ画像がog:imageになる)

投稿ページでの個別OGP設定

まとめ:150×150pxのアイキャッチ画像をOG:Imageに設定しても意味がない

少なくとも今のfacebookでは、150×150pxのアイキャッチ画像をOG:Imageに設定しても意味がないと言えます。

STINGER5とAll in One SEO PackでOGP設定を行う際は、
1)STINGER5の一覧でのデフォルトのアイキャッチ画像(サムネイル画像)のサイズが150×150px
2)facebookの求めるミニマムサイズが200×200px
ことを考慮してOG:imageの設定を行うことをオススメします。

関連記事:STINGERでOGPを簡単に設定する方法
関連記事:OGP設定項目”Facebook Object Type”に注意 – “Blog”は消えた選択肢?

  関連記事

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

ソーシャルの拡散効果がはっきり分かるGoogle Analyticsのレポート

facebook、twitterなどソーシャルの拡散効果がはっきり分かるデータが …

google adsense
Adsenseを誤って自己クリックした場合

Google Adsenseで誤って自己クリックしてしまいました、、、(誤クリッ …

google adsense
Google AdSenseの広告枠上限が撤廃(3枠超の設置が可能)

Google AdSenseはポリシーの中で1ページ中に設置可能な広告枠(広告ユ …

google adsense
AdSense + A8のeCPM公開!(2015年2月分)

先月(2015年2月分)の当ブログのeCPM公開です! 具体的には、AdSens …

↑PageTop