STINGER5 × All in One SEO PackでOGPを設定する際は画像サイズに注意

 

WordPressの無料テーマであるSTINGER5 + SEOプラグインの”All in ONE SEO Pack”の組み合わせで簡単にOGP設定を行う方法については「STINGERでOGPを簡単に設定する方法」でご紹介しました。

また、OGP設定に際して注意が必要な”Facebook Object Type”については「OGP設定項目”Facebook Object Type”に注意 – “Blog”は消えた選択肢?」でご紹介しました。

今回は、STINGER5とAll in One SEO Packの組み合わせでOGP設定を行う際のアイキャッチ画像(サムネイル画像)のサイズに関する注意点をご紹介します。

STINGER5のアイキャッチ画像サイズとfacebook OGPのミニマム画像サイズ

STINGER5のデフォルト設定では、一覧でのアイキャッチ画像(サムネイル画像)は150×150pxです。

対して、facebook OGPのミニマム画像サイズは200×200pxです。

そのため、All in One SEO Packの全体設定である
All in One SEO > Social Meta > Image Settings
で以下のように”Select OG:Image Source”にアイキャッチ画像を設定しても、アイキャッチ画像が150×150pxの場合、facebookの仕様に適合しません。

#個別の投稿ページでOGPのサムネイル画像を指定可能ですが、そこで指定を行わなかった場合、この”Select OG:Image Source”で選択した設定の画像がデフォルト表示されます。

All in One SEO PackのSocial Metaで設定するOGPの画像

#なお、facebookの推奨は「1200×630px以上」です。

個別設定でImageを指定しなかった場合(アイキャッチ画像は150×150px)

facebookのデバッガにかけたところ、以下の通りでした。

og:imageはアイキャッチ画像になっています。#このアイキャッチ画像は150×150pxです

facebookのデバッガでOGP設定を確認

しかしながら、表示は以下のようになると示されました。

完全にog:imageの設定がfacebookによって無視されています。

facebookのデバッガによる表示例

なお、当ページの個別設定は下図の通り、imageを指定していません。
(⇒デフォルト設定にしたアイキャッチ画像がog:imageになる)

投稿ページでの個別OGP設定

まとめ:150×150pxのアイキャッチ画像をOG:Imageに設定しても意味がない

少なくとも今のfacebookでは、150×150pxのアイキャッチ画像をOG:Imageに設定しても意味がないと言えます。

STINGER5とAll in One SEO PackでOGP設定を行う際は、
1)STINGER5の一覧でのデフォルトのアイキャッチ画像(サムネイル画像)のサイズが150×150px
2)facebookの求めるミニマムサイズが200×200px
ことを考慮してOG:imageの設定を行うことをオススメします。

関連記事:STINGERでOGPを簡単に設定する方法
関連記事:OGP設定項目”Facebook Object Type”に注意 – “Blog”は消えた選択肢?

スポンサード リンク

  関連記事

A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意

個人がアフィリエイトを始めるなら欠かせない存在であるアフィリエイトASP大手のA …

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

google adsense
AdSense + A8のeCPM公開!(2015年2月分)

先月(2015年2月分)の当ブログのeCPM公開です! 具体的には、AdSens …

google adsense
Google AdSenseの新広告「ページ単位の広告」を試してみました

Google AdSenseの新広告「ページ単位の広告」を試してみました。 ペー …

Google AdsenseのRMPとeCPMの違い
AdSenseのRPMとeCPMの違い

AdSense(アドセンス)では”eCPM”ではなく&# …

↑PageTop