SMBC日興証券の手数料引き下げが凄い!

 

2015年4月からSMBC日興証券が手数料の大幅引き下げを行いますが、その下げ方が凄い!

その凄さは
1)一気に下がり本当に安くなっている!
2)野村證券のネット&コールの手数料との比較で完全に勝利!
です。

1)一気に下がり本当に安くなっている!

以下が、SMBC日興証券が例示として示している新旧手数料比較です。

50万円の場合、1,863円だったのが4月以降は432円です。77%も下がっています!

SMBC日興証券の手数料引き下げ

これだけでもインパクトは十分です。

2)野村證券のネット&コールの手数料との比較で完全に勝利!

SMBC日興証券のダイレクトコースにあたる野村證券のネット&コールの手数料と比較すると、さらに面白い!

SMBC日興証券と野村證券の手数料比較

見事なまでにSMBC日興証券(ダイレクトコース)の方が野村證券(ネット&コール)より手数料が安い!

なお、他証券会社の手数料と細かく比較していくと、
・〜20万円レンジでは、SMBC日興証券<SBI証券=楽天証券
・〜50万円レンジでは、SMBC日興証券<マネックス証券
など、いわゆるネット専業と言われる証券会社と比べてもSMBC日興証券の方が手数料が安いレンジもあります。

ユーザとしては嬉しい反面、手数料比較は悩ましくなりました。

今回のSMBC日興証券の手数料引き下げに対する他社の反応が楽しみです。

スポンサード リンク(投資情報を入手!)
常勝株ジャーナル
書店売上No.1ビジネス週刊誌!!『週刊ダイヤモンド』
プロのアナリストが届ける投資情報【新興市場ドットコム】

関連記事:
インデックス投資:投資信託とETFの違い
オリンピック景気を見込んだ長期投資
NISAの注意点!損益を通算出来ない!
岡三オンライン証券に口座開設で2,000円GET!
証券会社に預けた資産はペイオフの対象外
投資銘柄を簡単に選ぶ方法

  関連記事

厳選!オススメ株主優待はこの銘柄!

数ある株主優待の中でも特にオススメの株主優待をピックアップしました! 優待利回り …

2016年からNISAの利用枠が120万円にUP

2016年から少額投資非課税制度(NISA)の利用枠が120万円まで引き上げられ …

個人向け国債を年利0.1%超で運用する方法

2016年5月現在、マイナス金利の影響もあり、個人向け国債の利回りは年利0.05 …

FXは外貨預金よりメリットが一杯

通貨分散について記載しましたが、日本円建ての資産運用・保有ではなく「外貨建て」の …

日本経済新聞
GPIF(年金)の運用損失が3ヶ月で7.9兆円

テレビも含め各種ニュースで公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政 …

↑PageTop