個人事業主の開業費の仕訳方法(国税局に確認済み)

 

個人事業主は、開業前に事業のために要した費用を「開業費」という「繰延資産」として計上することが可能ですが、複数の支出を一つの繰延資産として計上して良いのか?という疑問が発生したため、国税局に問い合せて回答を頂きました。

なお、開業費について具体的には、
・開業日は、税務署へ届け出た個人事業の開業等届出書に記載の「開業日」が該当
・開業費には、接待交際費、消耗品費(プリンタなど)が該当
・開業費の減価償却は、任意償却可能
となります。
#詳しくは、それぞれ丁寧な情報がググると見つかりますので、そちらをご確認下さい。

開業費の具体的な仕訳方法が分からなかった!

前提として、私は複式簿記を理解しており、会計ソフトによって青色申告(発生主義会計)のための仕訳を行いたいと考えていました。

そこで、開業費について調べていたのですが、具体的な仕訳が分からなかい!という課題に打ち当たりました。

よく解説されているのは、

開業日に
(借方)開業費 xxx円 (貸方)事業主借 xxx円

というものです。

これって、複数の支出を一つの繰延資産として計上して良いの?という疑問が。

例えば、「やよいの青色申告オンライン」では、開業費を繰延資産(固定資産)に登録するには以下のような画面から設定が必要なのですが、一括りにすることも、支出単位で登録することも出来てしまいます。

やよいの青色申告オンライン 開業費の登録

さらに混乱させる情報

さらに、私を混乱させる情報が、、、

会計ソフトを購入されて入力する際は次のような仕訳をします。領収書の発生日毎に入力されるのが基本です。摘要欄で明細を記入します。

開業費 **/事業主借 **

出典:人力検索はてな「個人事業主として7月に事業を立ち上げる予定ですが、個人事業の経理について教えてください。」

この解釈だと、
・開業費の計上は「開業日」ではなく「領収書の発生日」
・領収書単位で個別に仕訳
ということに?

例えば、開業日が12/1でも
11/12 接待交際費 10,000円
11/13 接待交際費 15,000円
11/14 消耗品費 20,000円
と支出していた場合、
11/12(借方)開業費 10,000円 (貸方)事業主借 10,000円 摘要:接待
11/13(借方)開業費 15,000円 (貸方)事業主借 15,000円 摘要:接待
11/14(借方)開業費 20,000円 (貸方)事業主借 20,000円 摘要:消耗品
とするのか?

「開業日に計上する」という前提すら失われてしまいました、、、

国税庁に問い合わせてみました

結論が出せなくなったので、国税庁に問い合わせて回答を頂きました。

結論としては、
「開業日に一括で計上」(=仕訳は1行)で
その内訳が分かる領収書・証憑類が保管されていれば良い
とのことでした。

つまり、最初に記述した通り、
仕訳としては

 開業日に
 (借方)開業費 xxx円 (貸方)事業主借 xxx円

で良く「ただしこの開業費の内訳が分かる領収書・証憑類を保管しておく」という注記が正解のようです。

これで個人事業主の開業費について具体的な仕訳も解決です。
関連記事
個人事業主になる前に知っておきたい「開業費」
開業費の償却方法(任意償却を活用して節税)
会計ソフトと支払調書の源泉徴収税額に差異がある確定申告
個人事業主は自分で会計入力(記帳)をしましょう!
盲点が一杯:個人事業主・フリーランスの保険の選び方
会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと

スポンサード リンク

  関連記事

個人事業主への支払に源泉徴収は必要か?

「個人事業主への支払に源泉徴収は必要か?」と書きましたが、個人事業主の立場からは …

税制適格ストックオプションの譲渡禁止の矛盾

ストックオプション(新株予約権)には、税務上有利になる「税制適格」というものがあ …

個人事業主の開業費の具体例

事業を個人事業主として興す場合、全く初めての場合には、開業に伴って様々な費用が必 …

freee
クラウド会計ソフトfreeeは現金主義会計

Macでも使える会計ソフト探しの一環で、クラウド会計ソフトの「freee」を使っ …

会計ソフト
会計ソフトと支払調書で源泉徴収税額に差が発生

自分で記帳した結果の「会計ソフトの源泉徴収税額」とクライアントから送られてきた「 …

↑PageTop