節税って意味あるの?

 

個人事業主になり「節税」を真剣に考えます。

よく年末(年度末)になると利益調整のために一気にあれこれ購入するとか、あの手の話です。

他にも、経費で落とせるから、と高価な物を購入したり。

この手の節税って意味あるの?という素朴な疑問。

「節税って意味あるの?」と思う理由

年末に物を買う。

経費(損金)として認められれば、その分、利益、課税所得は下がるので確かに納税額は減ります。

でも、結局「物を買う」=「キャッシュが出て行く」わけです。

つまり、
納税額の減少分 < 購入金額(キャッシュアウト)
に思えてならない。

「経費だから」と言って(高額な)物を買うのも同じです。

結局、キャッシュアウトが発生します。

#もちろん、日本は累進課税制ですので「今期と来期」で課税所得を調整するのは節税効果があると理解しています。

節税のパターン

絶対節税の裏技77によると「節税」と言っても4つのパターンあります。

1)お金を出さずに、税金を減らす節税方法
2)お金を出さずに、税金を先送りする節税方法
3)お金を出して、税金を減らす節税方法
4)お金を出して、税金を先送りする節税方法

そうです、私が知りたい節税方法は「1)お金を出さずに、税金を減らす節税方法」です。

そして「3)お金を出して、税金を減らす節税方法」の意味・効果について疑問なわけです。

#「先送り」はキャッシュフローを良くする効果があるので、ケースバイケース

みなさん、どんな節税をされているのでしょうや、、、

関連記事:
節税するなら寄付金で!(寄付金の40%が節税可能)
個人事業主・フリーランスの税務調査
節税と税理士報酬、どっちに比重を置くか?

  関連記事

節税するなら寄付金で!(寄付金の40%が節税可能)

「節税」には様々なパターン・方法があります。 例えば、 ・保険等の所得控除(小規 …

開業費の具体的な仕訳方法は?
個人事業主の開業費の仕訳方法(国税局に確認済み)

個人事業主は、開業前に事業のために要した費用を「開業費」という「繰延資産」として …

MFクラウド会計で固定資産の減価償却を月次で行う方法

マネフォワード社が提供するクラウド会計ソフト「MFクラウド会計」で、固定資産の減 …

やよいの青色申告オンライン
やよいの青色申告オンラインが不安定(ログインエラー)

本日、やよいの青色申告オンラインが非常に不安定です、、、 ログインするとエラーが …

勘定奉行のクラウド版が遂に登場

法人向けの会計ソフトでシェアの高い「勘定奉行」のクラウド版が遂に登場しました。 …

↑PageTop