個人事業主でもスカウトメールはもらえる@ビズリーチ

 

会社を辞めて個人事業主・フリーランスになると、なかなか会社に採用されにくくなると聞く事もあります。

実際のところどうなのか?

私が登録している求人サイト「BIZREACH(ビズリーチ)」では、職務経歴書を「個人事業主」に更新してからも今まで通りの頻度でスカウトメールが届いています。
#無料会員でも求人内容が見れる「プラチナ」スカウトメールの頻度を見ています

実際に応募プロセスに入っていないので、採用されにくいか否かは分かりませんが、少なくとも、企業もエージェントも「個人事業主だから門前払い」というわけではなさそうです。

私自身、企業の採用側にいた際、個人事業主・フリーランス・会社創業経験者は、積極的にサーチしていました。特定企業の下請けではなく、たとえ規模は小さかったとしても自分で営業先を開拓してビジネスを創造した経験のある人材は「積極的に欲しい」と考えていました。
実績さえ残せば、キャリアという視点では独立することのデメリットは年々低下していると言えそうです。


関連記事:
自身の市場価値を常に意識する – 求人媒体とエージェントを活用
ベンチャー企業は既卒を採用ターゲットに!
会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
個人事業主・フリーランスになるなら、まずはクラウドワークスに登録!

スポンサード リンク

  関連記事

小規模企業共済は要注意・デメリットも要検討!

個人事業主になると ・節税効果 ・年金や退職金代わり として「小規模企業共済」へ …

個人事業主が事業用の銀行口座を持つメリット

個人事業主として活動する上で気をつけたいのが「銀行口座」です。 事業用の銀行口座 …

自身の市場価値を常に意識する – 求人媒体とエージェントを活用

自分自身の市場価値(転職マーケットでの価値・需要)を常に意識することは必要です。 …

クラウドワークス
クラウドワークスで案件を受注する際の注意点(苦労・課題)

クラウドワークスで案件を受注する際の注意点・苦労・課題を「実体験に基づいて」ご紹 …

会計ソフト
やよいの青色申告オンラインとfreeeを比較 – 消費税対応編

クラウド会計ソフトの「やよいの青色申告オンライン」と「freee」のどちらが良い …

↑PageTop