「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法

 

Google Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用して、リマーケティング広告を行う方法をご紹介します。

Google Analyticsの「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」機能を使う事で非常に簡単に実現可能になりました。

Google Analyticsの「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」機能

まず、Google Analyticsで作成したリマーケティンリストをAdwordsで利用するには、Google Analyticsの「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」機能を「オン」にします。

1)アナリティクス設定 > プロパティ設定

Google Analyticsの「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」機能

2)ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」を「オン」に設定

Google Analyticsの「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」機能

これで「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」機能を「オン」に設定完了です。

#プライバシーポリシーの変更やGoogle Analyticsのタグに一行追加する必要がある場合があります。

Google Analyticsでリマーケティングリストを作成する

次に、リマーケティングリストを実際に作成します。

3)アナリティクス設定 > リマーケティングを選択

Google Analyticsの「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」機能

4)リマーケティングリストを作成

リマーケティングリストの作成

Google Analyticsの「カスタムセグメント」を作成するのと同じ要領です。少し複雑ですが、デフォルトで用意されているリストのパターンもありますので、そちらの活用も検討してみてください。

リマーケティングリストを作成

5)一覧で確認

リマーケティングリストの一覧

これで、リマーケティングリストの作成完了です。

Adwordsでリマーケティング設定

次はAdwordsで実際にリマーケティングの配信設定を行います。

6)キャンペーンの作成
ここでは、GDN(ディスプレイネットワークのみで設定しています)

Adwordsリマーケティング設定

7)リマーケティングリストを選択
Google Analyticsで作成したリマーケティングリストを選択します。

Adwordsリマーケティングリストを選択

8)リマーケティングの設定確認

Adwordsリマーケティング設定

細かい設定方法については省略してしまっていますが、大枠の流れは以上となります。

ここで注意点は、
・「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」機能を「オン」にしてから実際にAdwordsで有効化されるのに数日かかる可能性がある
・リマーケティングリストには最低母数(対象者の最低数)が条件として存在する
ことです。

こちらについては、以下で解説していますので、各ページをご確認ください。
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」が上手く動作しない– Google Analytics
Googleリマーケティングリストの利用には母数が必要

関連記事:
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!
「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」とプライバシーポリシー

スポンサード リンク

  関連記事

A8に登録されている色々なSEOサービス
色々なSEOサービス – A8広告主

SEO(Search Engine Optimization)は余りにも一般化し …

Google Analytics
便利なGoogle Analyticsの公式スマホアプリ

Google Analytics(GA)のデータ確認のためにいちいちPCを立ち上 …

google adsense
DSPのパフォーマンス比較(Google AdSenseから読み取る)

Google AdSenseのレポートの中には「広告ネットワーク」というレポート …

google adsense
Google AdSenseの新広告「ページ単位の広告」を試してみました

Google AdSenseの新広告「ページ単位の広告」を試してみました。 ペー …

eCPMとCPMの違い
eCPMとCPMの違い

eCPMとCPMの違いをご存知でしょうか? 何となく「eCPM=CPM」として認 …

↑PageTop