OXAMがそーせいグループの空売りで損失を出した記録

 

空売りの”OXAM”が遂に日経新聞でも取り上げられた」でご紹介した「OXAM」が、そーせいグループ(4565)で空売りしかけて焼けた記録です。

(悪趣味と分かりつつ)「やーい、やーい」という気分です。

OXAMが「そーせい」で焼けた記録

OXAMの空売り残高を日本取引所が公表している「空売りの残高に関する情報」から取得して整理しました。

以下を見ると、OXAMの売買が分かります。

日付 OXAM
空売残高
そーせい
終値
2015/12/9 157,500株 7,960円
2015/12/10 147,900株 9,460円
2015/12/11 119,700株 10,200円
2015/12/14 122,000株 10,370円
2015/12/15 122,000株 9,250円
2015/12/16 122,000株 9,590円

 

12/9時点では15.7万株の空売り残高がありました(建玉12.5億円計算)が、株価が急騰した12/11時点では12万株まで減少していますので、OXAMは2日間で3.8万株を買い戻しています。

仮に12/9の終値を建値とした場合、終値ベースの単純計算ですが、
・12/10の買戻し:9,600株 = 1,400万円の損失
・12/11の買戻し:28,200株 = 6,317万円の損失
合計7,717万円の損切りを行っています。

かつ、12/11時点でまだ12万株の売り残があることから、同様に12/9の終値を建値として単純計算すると12/11時点でOXAMは約2.7億円の含み損を抱えている事になります。

そーせいグループの株価が徐々に下落していますが、まだまだ含み損は抱えていそうです。

#12/14に2,300株だけ空売りを増やしているのも興味深いです。100株×23回の打診を行ったのでしょうか?

モルガン・スタンレーMUFG証券は空売りで儲けてそう

ちなみに、そーせいグループの株価が急騰したタイミングで空売りを仕掛けているのが「モルガン・スタンレーMUFG証券」です。

空売り残高の推移を見ると、モルガン・スタンレーMUFG証券は儲けてそうです。

日付 空売残高 そーせい
終値
2015/12/9 - 7,960円
2015/12/10 - 9,460円
2015/12/11 165,937株 10,200円
2015/12/14 208,687株 10,370円
2015/12/15 290,487株 9,250円
2015/12/16 301,887株 9,590円

 

#この空売残高の元データである「空売りの残高に関する情報」(日本取引所公表)は、空売り残高割合が0.5%を超えると掲載されるため、12/9と12/10時点での空売残高は不明のため「-」表記しています。

12/11から12/14で空売りを増やし、さらに12/15には1.5倍に増やしています。(この日、そーせいの株価は10,540円から9,250円へ落ちています)

どこで手仕舞うのか注目です。

 

モルガン・スタンレーMUFG証券へと脱線しましたが、憎っくきOXAMが、そーせいグループの空売りで損切り・含み損を出している記録でした。

#制度として認められている「空売りが悪い」と言う気は毛頭ありませんので悪しからず。

関連記事:
空売りの”OXAM”が遂に日経新聞でも取り上げられた
旧村上ファンドの強制調査で不思議な「空売り」
日本取引所が超高速取引などの監視体制強化
gumiと東芝で新日本監査法人がピンチ
ダブルスタンダードのIPOは錬金術?
グラフィコがIPO中止(今年3社目)

スポンサード リンク

  関連記事

investment-olympic
日経平均銘柄入れ替えのイベント投資 – インデックス買い

日経平均株価の構成銘柄は一年に一度、定期見直しで銘柄の入れ替えが行われます。 2 …

investment-olympic
確定拠出年金は魔法の杖ではない

確定拠出年金に関する法改正もあり、一気にメディア露出度の高まっている確定拠出年金 …

マネーフォワード
マネーフォワードのセキュリティは安全か?

家計簿・資産管理サービスの「マネーフォワード」は300万ダウンロードを突破したW …

utu
安倍首相と黒田総裁の間で「2016年の国政選挙までは追加緩和を行わない」と約束?

面白い記事を見つけてしまいました、、、 Yahoo!ニュースで掲載れた「いよいよ …

郵政上場
郵政上場でIPOを申し込むのに適した証券会社は?

2015年11月4日に東証一部に新規上場する郵政3社(日本郵政、かんぽ生命保険、 …

investment-olympic
日経平均株価の歪な算出方法(みなし額面)

日本市場の代表的な指標として受け入れている「日経平均株価」ですが、実は非常に歪な …

↑PageTop