Office 365 for Macの罠:Accessは非対応

 

常に最新版が利用可能なMicrosoftのOffice 365ですが、Windows OSだけでなくMac OSでも利用可能です。

Office 365 for Mac“などと呼ばれています。

ですが、for Macには罠があります。

それはAccessなど、Windows OSでは利用可能な一部機能がMacでは利用出来ない点です。

全く同じ月額料金(または年間一括払い)ですが、OSが違うと非対応となり、利用出来ないという罠です。

紛らわしい表現

例えば、こちらのOffice 365の製品ページでは下図の通り、アプリケーションにAccessが含まれています。

Office 365 アプリケーション

ただし、よーく見るとAccessのアイコンの端に小さな(!)があります。

そこにカーソルを合わせると下図の表示が出てきます。

Office 365 AccessはWindowsのみ対応

「PublisherとAccessは、PCでのみ利用できます」とあります。

一見、何の問題もないのですが、実はここで言う「PC」とは「Windows OS」のみを指します。

Office 365関連のページでは、インストール数などで「2台のWindows PCとMac」などの表現があります。

 

MacユーザでOffice 365を利用する際は、実際に利用可能な機能に制限がある点にご注意ください。

Microsoft Office 365 Solo(1年版)[Win/Mac/iPad対応]

新品価格
¥11,581から
(2015/10/19 22:12時点)


関連記事:
Macでも使える会計ソフト
Google AnalyticsでMacユーザのアクセス割合を調べる方法
A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意
通常より1万円お得なアメックス(AMEX)申し込み方法
会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと

  関連記事

個人事業主:開業手続き書類まとめ(開業届など)

個人事業主として独立・開業する際の「開業手続き」に必要な書類を整理してご紹介しま …

ヤフープロモーション広告
Yahoo!プロモーション広告はフリーメールでは使えない

ヤフーが提供するYahoo!プロモーション広告では、フリーメールアドレスが利用で …

盲点が一杯:個人事業主・フリーランスの保険の選び方

自営業(個人事業主・フリーランス)になると、厚生年金ではなく国民年金になります。 …

会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
開業費の償却方法(任意償却を活用して節税)

個人事業主が開業の準備期間に要した費用は開業費として「繰延資産」として計上できま …

会計ソフト
やよいの青色申告オンラインとfreeeを比較 – 消費税対応編

クラウド会計ソフトの「やよいの青色申告オンライン」と「freee」のどちらが良い …

↑PageTop