Office 365 for Macの罠:Accessは非対応

 

常に最新版が利用可能なMicrosoftのOffice 365ですが、Windows OSだけでなくMac OSでも利用可能です。

Office 365 for Mac“などと呼ばれています。

ですが、for Macには罠があります。

それはAccessなど、Windows OSでは利用可能な一部機能がMacでは利用出来ない点です。

全く同じ月額料金(または年間一括払い)ですが、OSが違うと非対応となり、利用出来ないという罠です。

紛らわしい表現

例えば、こちらのOffice 365の製品ページでは下図の通り、アプリケーションにAccessが含まれています。

Office 365 アプリケーション

ただし、よーく見るとAccessのアイコンの端に小さな(!)があります。

そこにカーソルを合わせると下図の表示が出てきます。

Office 365 AccessはWindowsのみ対応

「PublisherとAccessは、PCでのみ利用できます」とあります。

一見、何の問題もないのですが、実はここで言う「PC」とは「Windows OS」のみを指します。

Office 365関連のページでは、インストール数などで「2台のWindows PCとMac」などの表現があります。

 

MacユーザでOffice 365を利用する際は、実際に利用可能な機能に制限がある点にご注意ください。

Microsoft Office 365 Solo(1年版)[Win/Mac/iPad対応]

新品価格
¥11,581から
(2015/10/19 22:12時点)


関連記事:
Macでも使える会計ソフト
Google AnalyticsでMacユーザのアクセス割合を調べる方法
A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意
通常より1万円お得なアメックス(AMEX)申し込み方法
会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと

  関連記事

女性フリーランスの方は名刺の住所に注意!
女性フリーランスの方は名刺の住所に注意!

「フリーランスの名刺に自宅住所は載せるか?」でも記載しましたが、フリーランスの名 …

ビズリーチ(BIZREACH)
フリーランス・個人事業主だからこそビズリーチに登録

個人事業主・フリーランスとして独立した方も、今後、定年(?)までこのまま個人事業 …

フリーランスがバーチャルオフィスを利用する理由
フリーランスがバーチャルオフィスを使う理由

「バーチャルオフィス」という言葉を聞いたことは多いものの ・どんな人が利用するの …

フリーランスの名刺
デザインを依頼してオリジナル名刺を作る

名刺は、記載された文字情報をただ伝えるだけの役割ではありません。 名刺交換時に …

個人事業税は費用に計上可能(損金算入可能)

個人事業主に発生する税金は主に ・所得税 ・住民税 ・個人事業税 の3つです。 …

↑PageTop