博士号取り消された小保方氏のぶっ飛んだコメント

 

STAP細胞問題を引き起こした小保方氏が、今回、博士号を取得していた早稲田大学から博士号を取り消されました。

そこで小保方氏が出したコメントがぶっ飛んでいます。

「博士論文の骨子となる内容はSTAP研究の足掛かりとなった研究成果」だそうです。

STAP細胞の結論

少なくとも、現時点で、STAP細胞は存在しないという結論が出されています。

具体的には、9月24日付の「ネイチャー」でハーバード大等のグループが計133回の再現実験でSTAP細胞を作れなかったと報告し、理化学研究所も「STAP細胞はES細胞(胚性幹細胞)由来だった」との試料解析結果を報告しています。

そして「ネイチャー」は、この2本の報告によってSTAP現象が事実でないことが立証されたとしています。

STAP細胞はES細胞?

さらに、STAP細胞作製時に混入されたES細胞は、若山照彦・山梨大学教授の研究室で作られたものと言われています。

#若山照彦・山梨大学教授は当時、理研に在籍しており、共同研究者でした

解析の結果「和歌山教授のES細胞と遺伝子の傷も一致した」と報道されています。

また、2015年1月26日、理研ライフサイエンス技術基盤研究センター・元上級研究員の石川智久氏が「若山研究室におけるES細胞の窃盗容疑」で兵庫県警察に刑事告発しています。

要は、小保方氏は、盗んだES細胞でSTAP細胞なるものを作ったと主張し続けた、というのが現在の主要報道です。

何が「STAP研究の足掛かりとなった研究成果」なのか?

さて、冒頭に戻ると、博士号を取り消された小保方氏のコメントによると、「博士論文の骨子となる内容はSTAP研究の足掛かりとなった研究成果」だそうです。

あ、なるほど!

「STAP研究=盗んで嘘を付く」の足がかりとして博士論文でも盗用・捏造したんですね。

確かに博士論文からSTAP研究で、ES細胞を物理的に盗むという「窃盗」が加わっており、ステップアップしてます。

 

と、ただの嫌味はさて置き、小保方氏は「STAP研究」なるものが実在したと今でも考えているのでしょうか?

彼女以外は、
・STAP細胞はなかった
・STAP細胞はES細胞由来だった
というのが見解であり、さらに「ES細胞は盗まれたもの」とまで言われています。

それでも未だに「STAP研究」なんて言葉を使える神経・心境。結果的に自殺者まで出した騒動を起こしたとは思えない厚顔さ。

こんな事のために税金やらが散々使われ、検証作業のためにも世界中の研究者が無駄な時間と労力を費やしました。

世界中の叡智が振り回された機会損失です。

関連記事:
学歴ロンダリングのための大学院進学は無駄
元自民の武藤貴也議員は典型的な学歴ロンダリング
京大医学部に入学する裏技
1.5万円で中央大学の合格が買える – センター試験利用入試単独方式
衝撃的な婚活サイト – プロフィールに「性生活の希望」欄

スポンサード リンク

  関連記事

英会話
英会話学習は「受験勉強感覚」ではなく「人間関係」が効率的

年末年始、実家に帰省して両親と話していて出た話題です。私は「たった一つ、親をうん …

サイバー攻撃保険と個人情報漏洩保険
サイバー攻撃保険と個人情報漏洩保険

日本年金機構の個人情報流出や富山大のサーバハッキングとセキュリティ関連の問題が報 …

Datacoup
個人情報のマーケットプレイス”Datacoup”

自分のfacebookやLinkedIn、デビットカード、クレジットカード等の情 …

京都大学
京大で「ミスコン」は失敗続き

ふとYahoo!ニュースを見ていると”京大生の「ミスコン」、あっさり …

how-much-cost
婚活に必要な費用はどれくらい?

「婚活」と言っても様々な方法があります。 例えば、友人に積極的に紹介してもらう、 …

京都大学
不倫議員の宮崎謙介は京大非常勤講師と経歴詐称

男性国会議員でも意休取得と突然言い出し、挙句、出産直前に浮気をしでかして週刊誌に …

↑PageTop