All in One SEO Packの落とし穴 – カテゴリーが”noindex”に

 

WordPressで必須プラグインの”All in One SEO Pack”ですが、デフォルト設定だと落とし穴があります。

それは、デフォルト設定ではアーカイブの「カテゴリー」が”noindex”となる設定になっている点です。

具体的には下図の通り、
All in One SEO > General Settings のNoindex Settingsで「カテゴリーをnoindexにする」にチェックが付いています。これが”All in One SEO Pack”のデフォルト設定です。

Wordpress All in One SEOデフォルト設定ではカテゴリがnoindex

“noindex”とは?

“noindex”とは、検索エンジンに対して「そのページはインデックスしないで良い」と伝える指定です。

“noindex”指定する理由には、Googleのパンダアップデートと言われるアルゴリズム変更で、質の悪いページを含むサイトの評価が下がる(=検索結果での表示順位が下がる)ようになった事があげられます。

#この解釈はあくまでもSEO(検索順位を上げる)事にフォーカスした解釈であり、”noindex”の用途は他にも存在します。

カテゴリーは”noindex”で良いのか?

上述の”noindex”の意味を踏まえた上で「カテゴリーは”noindex”で良いのか?」という疑問。

結論はケースバイケースだと思います。

詳しくは、以下の記事などをご覧下さい。
ENJILOG:WordPressのカテゴリはindexするべきかno indexするべきか?
バズ部:noindexの使い方

結局のところ、ユーザにとって有益な整理になるようカテゴリーが設計されているか否か、だと考えます。

一方、「SEOと言えば」と言えるアイレップ取締役の渡辺隆広さんが個人ブログ程度ではどっちでも良いという主旨をツイートされている事を考えると気にしなくて良い、のかもしれません。

私はSEOのプロでも専門家でもありませんし、SEOで対価を得ている人間ではないので、完全な個人的見解ですが、むやみやたらにカテゴリーを細分化していたり、一つのページを複数のカテゴリーに関連づけていたりしない限り、カテゴリーページもindexさせて良いと考えます。

少なくとも、Wordpressほど世界中で普及しているCMSで一般的に使われているカテゴリーの扱いをGoogleが適切に処理出来ないというのは考えづらいという考えです。

SEOは検索エンジンのアルゴリズムに依存するもので、そのアルゴリズムが非公開である以上、何が正解かは分からないという点を踏まえた上で、非常に便利なWordpressのプラグインである”All in One SEO Pack”のデフォルト設定「カテゴリーが”noindex”」を変更するか否か、ご検討下さい。

関連記事:
WordPressで必須のSEOプラグイン- All in One SEO Pack
“noindex”が”nonoindex”に – All in One SEO Packのバグ
All in One SEO Packのバグ”nonoindex”が修正
外部リンク(発リンク)はSEOに不利?

  関連記事

OGPのFacebook Object Typeに"blog"を選択するのは注意
OGP設定項目”Facebook Object Type”に注意 – “Blog”は消えた選択肢?

WordPressのプラグインである「All in One SEO Pack」を …

google adsense
Google AdSenseの広告枠上限が撤廃(3枠超の設置が可能)

Google AdSenseはポリシーの中で1ページ中に設置可能な広告枠(広告ユ …

google adsense
AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開

AdSenseは「RPM」という指標でサイトや広告ユニットの収益性を計測していま …

スマホ広告のnend(ネンド)
nend(ネンド)の成果報告 – eCPM公開

先日当サイトに導入してみたスマホスクロール型広告の「nend(ネンド)」ですが、 …

WordpressのテーマSTINGER5
STINGER5の広告をカスタマイズ

WordPressのテーマとして有名なSTINGER5では、予め、Google …

↑PageTop