NISAの注意点!損益を通算出来ない!

 

税金がかからずお得というメリットが訴求されているNISA(ニーサ)ですが、デメリットも存在します。

それは「NISAで購入した株や投資信託で損失」を出した際、その損失を「他の株や投資信託で出した利益」と通算して課税額を引き下げることが出来ない点です。

通常の課税の仕組み

例えば、
・現物株Aを100万円で購入し、株価上昇で120万円で売却し利益確定
・現物株Bを100万円で購入したものの、株価下落で90万円で損切り
した場合、通常の課税の仕組みでは、
現物株Aの利益20万円 − 現物株Bの損失10万円 = 10万円
に対して課税されます。

つまり、利益が出たり損失が出たりした株式投資全体での損益を課税対象額として認識するため、株式投資全体での利益に対して税金がかかるという仕組みです。これが通常の仕組みです。

これを「損益通算」などと呼んでいます。

NISA枠の投資で出た損失は損益通算されない

一方、NISA枠(現状、年100万円分)で投資した結果発生した損失は、上述の損益通算の対象にならない、というデメリットが存在します。

具体的には、
・現物株Aを100万円で購入し、株価上昇で120万円で売却し利益確定
NISA枠で現物株Bを100万円で購入したものの、株価下落で90万円で損切り
した場合、損益通算が行われないため、
現物株Aの利益20万円が課税対象となります。

先述のNISA枠を使わない通常の例では、現物株Bの損失10万円が損益通算されたため、課税対象額は20万円ではなく10万円でしたが、今回の例では、NISA枠で出した現物株Bの損失10万円が損益通算されず、現物株Aの利益20万円がそのまま課税対象となっています。

つまり、NISA枠の投資で出た損失は損益通算の対象外、ということです。

#さらに、NISA枠内で2つの銘柄を購入し、一方で利益が出て、一方で損失が出た場合でも、損益は通算されません。つまり、NISA枠内同士でも損益通算は行えません。

NISAの注意

上述の通り、NISAには「損益通算の対象外」というデメリットが存在します。

NISA枠を利用した投資で利益が出ていれば何の問題もないのですが、損失が出た場合、優遇を受けられるどころか、逆に損をするというのが、NISAの注意点です。

言い方を変えると、NISAで投資する場合、利益が出る前提で投資することが必要です。

とは言え、マイナスになると思って投資する事はないので、NISAを高確率で有効利用できると考えられるのは、投資信託での分配金や、配当利回りの良い現物株の配当金など、値動きではなく配当で稼ぐ投資かもしれません。

関連記事:
NISAはIPOで活用
厳選!オススメ株主優待はこの銘柄!
通貨分散で海外分散投資
インデックス投資:投資信託とETFの違い
オリンピック景気を見込んだ長期投資
証券会社に預けた資産はペイオフの対象外

スポンサード リンク

  関連記事

日本経済新聞
日経新聞の強引な郵政上場応援記事

日本郵政グループの上場が2015/11/4に決まった今日、日経新聞が出した「郵政 …

郵政上場
日本郵政が7,300億円の自社株買い

日本郵政(6178)が7,309億円分の自社株買いを行うことが公表されました。 …

東芝の粉飾決算
gumiと東芝で新日本監査法人がピンチ

2015年は新日本監査法人にとって苦難の年です。 年初には、昨年末にIPOしたば …

郵政上場
日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行を売却して別の高配当銘柄を購入

11月4日に東証一部に新規上場した郵政3社、日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀 …

郵政上場
郵政上場は割高 – 日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行3社

2015年11月4日に上場予定の郵政3社、日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行 …

↑PageTop