マネーフォワードのセキュリティは安全か?

 

家計簿・資産管理サービスの「マネーフォワード」は300万ダウンロードを突破したWebサービスです。

私も資産管理サービスとして利用しています。

主に証券会社や銀行の口座と連携させて、自動で各口座の残高を取得し、まとめて管理する仕組みです。

この証券会社や銀行の口座と連携させる際、口座番号やログインパスワードをマネーフォワードに入力しますが、セキュリティに不安を感じたことはないでしょうか?

運営会社の株式会社マネーフォワード

マネーフォワードの運営会社は「株式会社マネーフォワード」です。

2012年設立のベンチャー企業ですが、大手金融機関等から出資を受けています。

株主には、マネックス証券、SBIホールディングス、静岡銀行、東邦銀行、三菱UFJ信託銀行などの金融機関、その他にも、三井物産、電通などの大企業も並びます。

マネーフォワードのセキュリティ

マネーフォワードは、ISO 27001(ISMS)を取得するなど、セキュリティ対策は取られています。

また、マネーフォワードでは以下の通り「原則、入出金に必要なパスワードを預からない」と明記されています。

マネーフォワードのセキュリティ

実は「原則」と言うのがポイントです。

証券会社の中には「ログインパスワードしか存在せず、取引パスワードが無い」場合があります。

このケースでは、口座情報を取得するための連携設定でログインパスワードをマネーフォワードに預けることは、取引パスワードをマネーフォワードに預けるのと同義です。

#実際にこのパターンに該当するのは、SMBC日興証券です。

その他、ログインパスワードと取引パスワードで同じ文字列を指定してしまっている場合も、事実上、取引パスワードをマネーフォワードに預けているのと同義になります。
#これは、マネーフォワードの問題ではなく、利用者のセキュリティ管理の問題です

マネーフォワードのセキュリティは自己責任

上述の通り、取引を行うための「取引パスワード」をマネーフォワードに預けているか否かは、口座情報を連携させる金融機関によって異なりますし、ログインパスワードと取引パスワードで同じ文字列を設定している場合など、最終的には自己責任で注意する必要があります。

複数の金融機関情報を一括管理するのに便利な「マネーフォワード」ですが、セキュリティには「自分で」注意して利用しましょう。

関連記事:
マイナス金利でMRFが元本割れするリスク
FXは外貨預金よりメリットが一杯
NISAの注意点!損益を通算出来ない!
証券会社に預けた資産はペイオフの対象外
通貨分散で海外分散投資

  関連記事

郵政上場
日本郵政グループIPOの投資判断を遅らせる裏技

日本郵政グループの需要申告(ブックビルディング)が10月8日(木)から始まりまし …

日本経済新聞
ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険は本当に割安感があるのか?

日経新聞で「高配当利回り・割安感に投資家需要強く 郵政2社株の価格決定」という記 …

郵政上場
郵政上場でNISAを利用する場合はスケジュールに注意!

2015/11/4予定の郵政上場、つまり、日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行 …

アクアライン(6173)のIPOは低調

8/31(月)に東証マザーズに新規上場したアクアライン(6173)は期待に反して …

証券会社に預けた資産はペイオフの対象外

時々勘違いされている事があるのですが、証券会社に預けた資産(円や株式など)は「ペ …

↑PageTop