マイナス金利による金融機関の損失は年300億円?!

 

Yahoo!ニュースに「マイナス金利適用残高29兆円に、信託銀は11兆円=日銀」という記事がありました。

日銀によるマイナス金利導入後「実際に金融機関がマイナス金利適応を受ける残高が29兆7,240億円に達した」とのことです。

見出しでは「29兆円」と記載がありますが実際には「30兆円」に近いですね。

金融機関への影響は?

現状、マイナス金利は年0.1%です。

従って、単純計算で
・29兆7,240億円 × 0.1% = 297億円
がマイナス金利分に該当します。

つまり、マイナス金利の導入によって、金融機関は年間で約300億円の損失を被るという計算です。

マイナス金利適用残高の内訳は?

マイナス金利適用残高29兆7,240億円の内訳は、
・信託銀行:11兆4,740億
・郵貯銀行など:11兆4,010億円
で、この2つで約8割を占めます。

また、都市銀行は2兆1,160億円です。

都市銀行は、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行の5行です。

この5行でマイナス金利分の損失は年間で21億円という計算です。

マイナス金利導入後、三菱東京UFJ、みずほ、三井住友の株価下落は激しいものの、マイナス金利単体の損失は、非常に限定的のようです。

 

あくまでも「単純計算」ですが「非常に限定的」という印象です。

現状のマイナス金利を前提にすると、現在の銀行セクターの株価は相当割安かもしれません。

総じてPBRは1.0倍を下回り、配当利回りも3%〜4%です。

マイナス金利の実態が徐々に見えてきた感じでしょうか。

関連記事:
マイナス金利でMRFが元本割れするリスク
三菱東京UFJ銀行のスーパー普通預金にメリットはあるか?
クラウドバンクはマイナス金利時代の優良投資手法?
日経平均銘柄入れ替えのイベント投資 – インデックス買い

  関連記事

通貨分散で海外分散投資

中長期的な資産運用を考える上で欠かせない要素が「通貨分散」です。 日常的に様々な …

「個人向け国債」と「通常の国債」は全くの別物

マイナス金利によって ・長期金利がマイナス ・国債の運用利回りが低下 ・国債価格 …

SMBC日興証券が手数料大幅引き下げ
SMBC日興証券の手数料引き下げが凄い!

2015年4月からSMBC日興証券が手数料の大幅引き下げを行いますが、その下げ方 …

郵政上場
郵政上場が与える市場へのインパクト – 需給悪化

郵政3社がIPOによって市場から吸収する金額は約1兆4000億円になります。 東 …

マイナス金利でMRFが元本割れするリスク

日銀のマイナス金利導入により、MRFが元本割れするリスクが取り沙汰されています。 …

↑PageTop