メタップス(6172)のIPOは公募割れ

 

本日8/28に東証マザーズに新規上場した株式会社メタップス(6172)は公募割れでした。

メタップス社は、元々赤字上場、VC比率の高さ、吸収金額の多さ、同日上場、世界同時株安という地合の悪さなどもあり、前評判も余り良くなかったのですが、予想以上にダメだったという印象です。

上場初日は公募価格を一度も上回らず

予想以上にダメだった印象と記載したのは、上場初日の今日、初値が公募価格を下回っただけでなく、一度も公募価格を上回れなかった上、終値も公募価格3,300円の-21.2%に当たる2,601円だったためです。

詳しくは、
・公募価格:3,300円
・初値:3,040円
・高値:3,090円
・安値:2,555円
・終値:2,601円
でした。

下図が日中足です。

メタップスの上場初日の日中足チャート

出来高も含めてジリ貧です。

悪材料

元々メタップスのIPOには悪材料がいくつもありました。

・赤字上場(売上23億で経常利益5億円の赤字)
・VC比率の高さ(約半分)
・吸収金額の多さ(99.9億円)
・強気のバリュエーション(時価総額400億円超)
・同日上場(東証2部にラクト・ジャパンが同日上場)
・世界同時株安

主幹事はSMBC日興証券で、去年の赤字上場だったサイバーダインを連想し、人工知能押しで将来性に投資するという側面も考えられたものの、厳しいと判断して個人的にも需要申告は見送りました。

今後のIPO市場

前日の8/27には、9月にマザーズ新規上場予定だったネットマーケティングが需要申告開始直前にIPO中止を発表しており、ネットマーケティングとメタップス2社の悪い流れを引きづらないか心配なところです。

そもそも、市況が不安定な中ですので、、、

余談ですが、メタップスが上場した8/28の朝、日経新聞電子版には「IPO株投資 中長期でのリターン狙いも」という記事が掲載されていました。この記事「IPO株投資 中長期でのリターン狙いも」を日経新聞が掲載したタイミングがイヤらしいと思えてなりませんでした。

関連記事:
ネットマーケティングがIPO中止
ネットマーケティングのIPO中止理由の真相は?
グラフィコがIPO中止(今年3社目)
NISAはIPOで活用
オリンピック景気を見込んだ長期投資
通貨分散で海外分散投資
日本取引所が超高速取引などの監視体制強化
FXは外貨預金よりメリットが一杯

  関連記事

お金のデザイン
フィンテック企業「お金のデザイン」が15億円を資金調達

フィンテック企業の「株式会社お金のデザイン」が新たに15億円の資金調達を完了しま …

JPX 日本取引所グループ
OXAMがそーせいグループの空売りで損失を出した記録

「空売りの”OXAM”が遂に日経新聞でも取り上げられた」でご紹介した「OXAM」 …

三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行のスーパー普通預金にメリットはあるか?

三菱東京UFJ銀行には「スーパー普通預金」(メインバンク プラス)というサービス …

2016年IPO企業の下方修正が多発?!

2017年1月26日、日経新聞に「新規公開企業、下方修正相次ぐ 目立つ一転減益・ …

郵政上場
郵政上場が与える市場へのインパクト – 需給悪化

郵政3社がIPOによって市場から吸収する金額は約1兆4000億円になります。 東 …

↑PageTop