名刺デザインのポイント

 

名刺には、勤務先・肩書き・氏名・住所・電話番号が入っていればそれで良し、としていませんか?

ビジネス用途の名刺は、会社をアピールするためのマーク、製品のカラー写真、自分の顔写真を入れる等の工夫も多く存在します。

名刺の裏面を活用するか?

よく裏面も使っている名刺を見かけますが、裏面まで気をつけて見る人は少数派ですし、名刺ホルダーなどにファイルされると裏面の効果は全くありません。

アピールという観点では表面を中心に考えることになります。

ただし、小さな面積にこれだけの要素を盛り込んで尚且つスッキリと目立たせるには技術とセンスが必要です。

複数パターンを用意することも

名刺は自分がアピールしたいことを強調することも大切ですが、渡す相手や立場によって、名刺の内容を変えるという配慮も必要です。

例えば、既に取引があり担当を引き継ぐ場合には、社名や商品よりも自分自身を覚えてもらうことにフォーカスし、自分の顔写真を入れる、などです。

このような複数のケースに応じて使い分けるため、複数パターンの名刺を用意している場合もあります。

写真を使う際は特にデザインに注意

自社の商品を売り込む場合は、ポイントとなる商品の写真を刷り込むことも有効ですが、この場合は写真の位置や台紙とのコンストラクトなどにより印象が変わるのでデザインには特に注意が必要です。

中途半端なデザインや印刷だと、写真でアピールした内容が「安っぽく見える」危険があります。

写真を活用する場合は、プロに依頼することをオススメします。

関連記事:
意外に悩むフリーランスの名刺
フリーランスの名刺に自宅住所は載せるか?
デザインを依頼してオリジナル名刺を作る
名刺入れでビジネスに差をつける

スポンサード リンク

  関連記事

クラウドワークス
クラウドワークスで案件を受注する際の注意点(苦労・課題)

クラウドワークスで案件を受注する際の注意点・苦労・課題を「実体験に基づいて」ご紹 …

団体保険に加入している方は退職時に要注意

会社を退職して独立することを検討している方で、もし団体保険に加入している場合は、 …

個人事業主の信用力
個人事業主・フリーランスになるなら、まずはクラウドワークスに登録!

会社を退職して個人事業主・フリーランスとして独立する場合、まずは「クラウドワーク …

個人型確定拠出年金の落とし穴(デメリット)

個人型確定拠出年金(401k)は節税効果抜群の資産運用方法です。 ただし、余り知 …

Office 365 for Macの罠:Accessは非対応

常に最新版が利用可能なMicrosoftのOffice 365ですが、Windo …

↑PageTop