自身の市場価値を常に意識する – 求人媒体とエージェントを活用

 

自分自身の市場価値(転職マーケットでの価値・需要)を常に意識することは必要です。

3年後、5年後、10年後のためにこの意識の有無が重要です。

自分自身の市場価値を知る=どんな転職が可能か?

よく「給与が低い」「適正な評価を受けていない」などの不平不満を耳にします。(私もよくそう考えていました。)

が、「本当にそうなのか?」と客観的に考えたことはあるでしょうか?「誰と比較して」「どの企業と比較して」なのかなどなどを具体化せずに、漠然と「自分は頑張っている」からもっと給与は上がるべきというロジックになっていないか?です。

また、個人事業主・フリーランスとして独立した方も、今後、定年(?)までこのまま個人事業主・フリーランスで活動し続けるとまで覚悟を決めているわけではない場合も多いかと思います。

#参考記事:個人事業主でもスカウトメールはもらえる@ビズリーチ

そこで、もし、また会社員に戻るとしたら?という意味で市場価値、入社可能な会社・条件は定期的にチェックしておくべきです。

そこで私がしていた&しているのは、転職の意思はなくても
・エージェントと定期的に接触する
・求人サイトに登録し、スカウトを得る
をしていました。

エージェントと定期的に接触する

いわゆるエージェントと面談をし、定期的に接触してみて下さい。

彼等は、基本的に紹介した求職者が転職すると成果報酬で採用企業から報酬を得られます。

そのため、採用企業が実際に採用する可能性のある・採用企業が欲しいと思う人材を企業に紹介します。無駄な紹介を繰り返しても一銭の収益にもなりませんので。

そして、ピント外れの人材ばかり紹介していては採用企業から、そのエージェントは切られます。より自社にマッチした優秀な人材を紹介するエージェントに切り替える・絞り込みます。当然のロジックです。

そのため「エージェントが提示してくる求人」≒「貴方を企業に紹介してもエージェントが恥をかかない求人」です。

求人サイトに登録し、スカウトを得る

求人サイトに登録し、求人企業や登録のエージェントからスカウト(スカウトメール)を受け取ってみましょう。

だいたい「スカウト機能」というものがあるため「オン」にすればOKです。

#その際、しっかりと職務経歴書概要や希望職種など、埋めるべき項目は全て埋めて下さい。半端な内容しか書かれていないと、本気度が低いと判断されて、スキル・能力・経験を適正に評価する段階に達しません。

この「スカウト」ですが、求人企業・登録エージェント共に「限度数」が設定される場合が多くあります。つまり「何回スカウトメールを出せるか?」の限度です。

そのため、このスカウトを得られるか否かは非常に重要です。例えば、登録した希望年収が経歴等に比して高過ぎると判断されれば、マッチングしずらいだろうと考え、スカウトを見送ってしまいます。

具体的には

最初からがっつり職務経歴書や履歴書、アピールポイント等を登録するのはハードルが高い、、、という方も多いと思います。

そこで、まずはのスタートとしてFacebookを利用した転職アプリ『Switch.』を活用してみるのも一手です。
また、DODAを運営する人材大手インテリジェンスの新規サービス「市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!」もオススメです。
リクナビ、en、ビズリーチ、イーキャリア、DODAなどなど求人媒体は沢山あります。今記載した媒体は全て登録したことがありますが、私の感覚では、ちゃんとスカウトを得るための登録内容はけっこう重い、です。
#参考記事:メジャー求人媒体 – 自分の市場価値を知る

また、ビズリーチはエグゼクティブ系過ぎたり、イーキャリアはエージェントの割合が多いなどなど特徴もあります。自分に合致した媒体を選択する事も非常に重要ファクターですが、最初から媒体の特徴を正確に把握することは簡単ではないため、この辺りからスタートしてみるのが程よいかと思います。

関連記事:
個人事業主・フリーランスになるなら、まずはクラウドワークスに登録!
独立してフリーランスになる前に簡単な市場調査をしよう
個人事業主・フリーランスだからこそビズリーチに登録
メジャー求人媒体 – 自分の市場価値を知る

スポンサード リンク

  関連記事

企業の採用
既卒を積極採用したい!

ベンチャー企業にいると既卒採用を積極的に行いたいと切に感じます。 既卒採用をした …

企業の採用
ベンチャー企業は既卒を採用ターゲットに!

ベンチャー企業の一番の悩みは人材です。 資金も悩みどころではありますが、現在、金 …

企業の採用
個人事業主でもスカウトメールはもらえる@ビズリーチ

会社を辞めて個人事業主・フリーランスになると、なかなか会社に採用されにくくなると …

企業の採用
自分の市場価値を知る – メジャー求人媒体

「自身の市場価値を常に意識する – 求人媒体とエージェントを活用」でもご紹介した …

企業の採用
学歴フィルターは存在します(どこで発動するかの違い)

ゆうちょ銀行の新卒向けセミナーで、日東駒専で登録した学生には「満席」と伝え、東大 …

techacademy
TechAcademyのオリジナルサービス開発は非効率

先日「TechAcademyの体験談 – 良い所・悪い所」という記事でいわゆるク …

↑PageTop