個人事業税は費用に計上可能(損金算入可能)

 

個人事業主に発生する税金は主に
・所得税
・住民税
・個人事業税
の3つです。

この内、所得税と住民税は個人事業主である個人に課税される税金ですので、事業上の経費には計上できません。

ただ「個人事業税」は事業に対して課税される税金のため、経費に計上可能です!

「税金は経費にならない」と思い込んで計上し忘れてしまわないように注意が必要です。

個人事業税の経費計上方法(仕訳)

恐らく、8月または9月に「個人事業税納税通知書」などの名称で個人事業税に関する通知書が届いているかと思います。

第1回分と第2回分の2つに分けられているかと思いますが、それぞれ納期限までに収めます。

個人事業税は租税公課として費用に計上します。具体的な仕訳は以下の通りとなります。

例えば、
・第1回分の40,600円を8/31に納税(現金で支払い)
・第2回分の39,000円を11/30に納税(現金で支払い)
した場合、以下の仕訳を行います。

・8/30 (借方)租税公課 50,000円 (貸方)現金 50,000円
・11/30 (借方)租税公課 50,000円 (貸方)現金 50,000円

なお、個人事業税は消費税の課税事業者だった場合でも「不課税取引」となります

計上日は、基本的にん個人事業税を支払った日付で問題ありません。

#事業所得が290万円以下の場合、事業主控除などの影響で個人事業税か発生しない場合があります。
#初めて個人事業税を納税する場合は9月、毎年納税している場合は8月に通知書が届くようです。

 

「個人事業税」は各種税金の中でも「損金になる税金」という珍しい税金です。

忘れずに確実に費用計上しましょう。

#最終的には税務署・税理士へご確認をお願いします。
税理士ドットコムで最適な税理士選び
税務調査対策でお悩みなら、税理士紹介ネットワークへ

関連記事:
個人事業主の消費税
個人事業主・フリーランスの印鑑
個人事業主への支払に源泉徴収は必要か?
会計ソフトと支払調書の源泉徴収税額に差異がある確定申告
節税って意味あるの?
個人事業主は自分で会計入力(記帳)をしましょう
個人事業主にはANAカード(アメックス)がオススメ

スポンサード リンク

  関連記事

会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
開業費の償却方法(任意償却を活用して節税)

個人事業主が開業の準備期間に要した費用は開業費として「繰延資産」として計上できま …

フリーランスの名刺
名刺に自宅住所を載せると引越しが面倒!

個人事業主・フリーランスで名刺に自宅住所を載せている場合、自宅を引越した際、取引 …

board - 請求書、見積書、発注書作成発行・クラウド経営管理
便利な見積・請求管理クラウドサービス「board」- 簡単なSFAとしても利用可能

現在、見積書、発注書、発注請書、検収書、請求書の管理は全てクラウドサービスの「b …

未払い残業代を請求する
未払い残業代を請求するなら独立するタイミング!

名前ばかりの裁量労働制の建前の下、深夜残業、休日出勤をしても残業代が支払われない …

企業の採用
個人事業主でもスカウトメールはもらえる@ビズリーチ

会社を辞めて個人事業主・フリーランスになると、なかなか会社に採用されにくくなると …

↑PageTop