個人事業主が事業用の銀行口座を持つメリット

 

個人事業主として活動する上で気をつけたいのが「銀行口座」です。

事業用の銀行口座を用意せず、元々個人用として利用してきた銀行口座をそのまま利用することも可能ですが、私は実体験から事業用の銀行口座を用意することを強くオススメします。

事業用の銀行口座の必要性

プライベートな目的で利用してきた銀行口座をそのまま事業用の銀行口座として利用することも可能ですが、敢えて事業用の銀行口座を持つことを強くオススメします。

一見、
・複数の口座を管理するのが面倒
・振込手数料が余計にかかる
など、ネガティブな印象を持つかもしれません。

しかしながら、結果的に
・手間も省かれて
・余計なコストもかからない
ことになります。

事業用の銀行口座が必要な理由

事業用の銀行口座が必要な理由は3つです。

1)プライベートの入出金と事業用の入出金を簡単に区別可能
2)銀行残高と会計上の残高が一致する
3)取引先にプライベートの銀行口座を見せずに済む

1)プライベートの入出金と事業用の入出金を簡単に区別可能

プライベートな利用口座と事業の利用口座が同じだと、銀行の取引履歴を見ても、プライベートの入出金なのか、事業用の入出金なのか、判別するのが非常に面倒になります。

これは、個人事業主として、
・自分でやよい会計やfreeeなどを使って会計記帳を行っている場合、自身が面倒
・税理士事務所に会計記帳を丸投げしている場合、税理士事務所は確認しないと判別出来ない
というデメリットです。

結果、自身で記帳(会計ソフトへの入力)を行っていれば自身が面倒になり、せっかくお金を払って税理士事務所に丸投げしていても何度も確認が来て対応が面倒になる、という結果を招きます。

このデメリットの裏返しとして、事業用の銀行口座を用意して、プライベートの入出金と事業の入出金を分けて管理することで、手間・工数が減ります。

2)銀行残高と会計上の残高が一致する

事業用の銀行口座を用いる重要な理由として、銀行残高と会計上の残高が一致する点があげられます。

つまり、プライベートと事業の入出金を同じ銀行口座で行ってしまうと、「やよいの青色申告」や「freee」などの会計ソフトに入出金を入力(記帳)していても、月末や年末の「会計ソフト上の現預金残高」と「銀行の残高」が一致しなくなってしまいます。

「会計上の残高と銀行残高が一致する」ことは、入力漏れや重複のチェックを行う上で非常に重要な要素です。チェックの手間が省け、税務申告を円滑に行うことに繋がります。

#「残高が一致を確認できない」ちうのは法人ではまず考えられない事態です。基本中の基本です。

3)取引先にプライベートの銀行口座を見せずに済む

実は、これが一番大きいかもしれません(笑)

理由はないのですが、何だか気恥ずかしい、、、そんな気持ちになります。

急がば回れ:きちんと口座を分ける事で結果的に手間が省けます

上述の通り、銀行口座をプライベート用と事業用で分けて管理することで、一見、面倒に見えても結果的に手間が省けるため、個人事業主でも事業用の銀行口座(銀行では「営業性個人口座」などと呼ばれます)を用意することを強くオススメします。

 

なお、個人事業主の事業用口座にオススメなのは、ネット銀行の「ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント」がオススメです。
通常の個人口座ではなく、個人事業主向けの「営業性個人口座」が用意されていおり、また、トークンと言われるキーホルダーくらいの大きさの端末でワンタイムパスワードが発行されるため、セキュリティ面でも安心です。

関連記事:個人事業主向けのネット銀行口座(セキュリティ万全のジャパンネット銀行)

その他には、提携ATM手数料無料の「新生銀行の総合口座(パワーフレックス)」もオススメです。6ヶ月円定期が金利0.5%という非常に魅力的な商品も用意されています。

是非、事業用の銀行口座を開設して、手間を省きましょう!

関連記事:
会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
個人事業主になる前にやるべきこと番外編
個人事業主の開業費の仕訳方法(国税局に確認済み)
やよいの青色申告オンラインとfreeeを比較
個人事業主の消費税

スポンサード リンク

  関連記事

フリーランスがバーチャルオフィスを利用する理由
フリーランスがバーチャルオフィスを使う理由

「バーチャルオフィス」という言葉を聞いたことは多いものの ・どんな人が利用するの …

フリーランスの名刺
意外に悩むフリーランスの名刺

会社を退職してフリーランス(個人事業主)として独立した際、実は「名刺」に悩まし …

Gmailアドレス
独自ドメインのメールアドレス利用・設定方法

「個人事業主・フリーランスのメールアドレスにGmailはNGか?」で「Gmail …

会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
開業費の償却方法(任意償却を活用して節税)

個人事業主が開業の準備期間に要した費用は開業費として「繰延資産」として計上できま …

フリーランスの名刺
名刺に自宅住所を載せると引越しが面倒!

個人事業主・フリーランスで名刺に自宅住所を載せている場合、自宅を引越した際、取引 …

ビズリーチ(BIZREACH)
フリーランス・個人事業主だからこそビズリーチに登録

個人事業主・フリーランスとして独立した方も、今後、定年(?)までこのまま個人事業 …

↑PageTop