既卒でも就職できる! – 既卒の就職活動

 

就職活動に失敗し、留年・大学院進学・卒業して既卒して就職活動を続けるかどうか検討している方も多いと思います。

その際、一番勇気が必要なのが「大学を卒業して既卒として就職活動を続ける」ことです。

既卒として就職活動を続けるには勇気が必要な理由

一般的に、企業は
・4月入社の新卒
・新卒研修を終えた第二新卒
・即戦力としての中途採用
の3つのパターンで採用活動を行っています。

その際、「既卒」と言われるカテゴリーの採用枠が存在せず、いわゆる非正規雇用と言われる派遣社員やアルバイト、フリーターといった道しか「残されていないように見える・思える」、もっと言うと「そう思い込んでいる」ためです。

既卒でも就職は可能です!

しかしながら、実際には既卒でも就職は可能です!

もちろん、正直なところ、銀行や商社、大手家電メーカーなどの大企業に既卒で入社するのは困難です。

これらの大企業では、効率の観点から上述の3つの採用ルートしか持っていないのが通常です。

ただし、中小企業(上場企業を含む)やベンチャー企業では、常に優秀な人材が欲しいと考えており、既卒でも「良い!」「欲しい!」と思えば採用します。

また、規模の小さな企業や成長中の企業(主にベンチャー)では、来年4月入社の新卒採用を行うより、目の前で来月から入社してくれる人材の方が採用しやすい場合もあります。

その理由は、
・今すぐ人が欲しいのに1年後に入社する新卒採用に手間をかけてられない
・1年後、どの程度人出が必要かなんて計画が立てられない
と言った理由です。

既卒の就職活動

とは言え、社会人経験のない既卒の方に「既卒でも採用しそうな企業」を探す・嗅ぎ分けるのは困難だと思います。

そこで、今は既卒特化の無料就職支援サービスを行っている企業もあります。
#応募者(=既卒の方)は無料で、採用を行う企業側がサービス提供企業へ報酬を支払う仕組みです

私が注目しているのは、既卒・第二新卒専用の就職活動サポートを行っている第二新卒ナビです。

以下の画像をご覧ください!(第二新卒ナビのサイトに掲載されている内容のキャプチャです)

既卒の就職

これだけ既卒を大きく出しているサービスは少ないので注目サービスです。(実は、クライアント向けに調査していて見つけたサービスです)

既卒での就職活動は残念ながらまだまだ一般的な就職ルートではないため、情報不足に陥りやすいので、既卒向けの就職支援サービスの利用をオススメします。
関連記事:
就職活動(就活)に失敗した時の対策と選択肢
既卒を積極採用したい!
ベンチャー企業は既卒を採用ターゲットに!
学歴ロンダリングのための大学院進学は無駄
スポンサード リンク
・新卒・既卒・第二新卒の就職をサポートする“いい就職.com”
・既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

スポンサード リンク

  関連記事

個人事業主の信用力
個人事業主・フリーランスになるなら、まずはクラウドワークスに登録!

会社を退職して個人事業主・フリーランスとして独立する場合、まずは「クラウドワーク …

企業の採用
個人事業主でもスカウトメールはもらえる@ビズリーチ

会社を辞めて個人事業主・フリーランスになると、なかなか会社に採用されにくくなると …

techacademy
TechAcademyのオリジナルサービス開発は非効率

先日「TechAcademyの体験談 – 良い所・悪い所」という記事でいわゆるク …

企業の採用
既卒を積極採用したい!

ベンチャー企業にいると既卒採用を積極的に行いたいと切に感じます。 既卒採用をした …

企業の採用
就職活動(就活)に失敗した時の対策と選択肢

大学3年〜4年にかけての就職活動に失敗した場合、 1)わざと留年して新卒採用で再 …

techacademy
TechAcademyの体験談 – 良い所・悪い所

オンラインでプログラミングを学習できるTechAcademy [テックアカデミー …

↑PageTop