既卒を積極採用したい!

 

ベンチャー企業にいると既卒採用を積極的に行いたいと切に感じます。

既卒採用をしたい理由

ベンチャー企業では、中途の即戦力採用というイメージが強いですが、ベンチャー企業での中途採用は、合う合わないの差が激しいです。

特に相応の規模の会社からの転職や、管理職の転職の場合、
・新しいことにチャレンジする
・人的リソースは常に足りないので自分でボールは拾う
という事が頭では分かっていても、長年染み付いた仕事の仕方に引きずられて柔軟に対応できないことがあります。
(かなりの人数見てきました、、、)

そのため、業務経験がなくても真っ新な状態で新しい事に何でもチャレンジできる人材も欲しくなります。(バランスであって、全員が社会人経験なし、では流石に困ります、、、)

そこで、通常は新卒採用という発想になるのですが、新卒採用は卒業の一年から半年前に採用活動を行うため、ベンチャーのような人的リソースが急に欲しくなる企業では、正直、タイムスパンが合いません。(一年後の事業・業務がしっかり計画立つベンチャー企業なんてそうそういません。)

そのため、業務経験がなくても真っ新な状態で新しい事に何でもチャレンジできる人材で、企業側が人が欲しくなった時に採用可能な「既卒採用」です。

ただ、第二新卒の転職マーケットは随分一般化して、採用側も見つけやすくなったのですが、なかなか既卒を採用するルートが見つかりません。。。

そこで見つけたのが、完全無料でサポートの【第二新卒ナビ】です。
第二新卒と既卒にターゲットを絞った人材エージェントです。是非とも既卒の方はこちらに登録して頂きたいです。

既卒の方に効率良くアプローチ可能な媒体・エージェント(採用ルート)に既卒の登録会員が増えれば増えるほど、採用側としてもメリットがあり、結果、既卒採用を検討する企業も増えるという好循環!


関連記事:
ベンチャー企業は既卒を採用ターゲットに!
既卒でも就職できる! – 既卒の就職活動
就職活動(就活)に失敗した時の対策と選択肢
学歴ロンダリングのための大学院進学は無駄
自身の市場価値を常に意識する – 求人媒体とエージェントを活用

スポンサード リンク

  関連記事

TechAcademyのオリジナルサービス開発は非効率

先日「TechAcademyの体験談 – 良い所・悪い所」という記事でいわゆるク …

企業の採用
学歴フィルターは存在します(どこで発動するかの違い)

ゆうちょ銀行の新卒向けセミナーで、日東駒専で登録した学生には「満席」と伝え、東大 …

自身の市場価値を常に意識する – 求人媒体とエージェントを活用

自分自身の市場価値(転職マーケットでの価値・需要)を常に意識することは必要です。 …

企業の採用
既卒でも就職できる! – 既卒の就職活動

就職活動に失敗し、留年・大学院進学・卒業して既卒して就職活動を続けるかどうか検討 …

企業の採用
就職活動(就活)に失敗した時の対策と選択肢

大学3年〜4年にかけての就職活動に失敗した場合、 1)わざと留年して新卒採用で再 …

↑PageTop