個人事業主の「肩書き」

 

個人事業主になって悩ましいのが「肩書き」です。

クレジットカードの申し込みやセミナー応募など、ことあるごとに「肩書き」の記載が求められます。(フォーム上は「役職」ですね」

また、名刺にも肩書きが必要です。
#関連記事:意外に悩む個人事業主・フリーランスの名刺

そこで、個人事業主の「肩書き」事例をピックアップしてみました!

個人事業主の「肩書き」

1)代表

最もオーソドックスなのが「代表」です。

ただし、この肩書きは「屋号」を用いている場合でないと違和感があるのがネックです。

屋号があれば「代表」は最有力候補ではないでしょうか。

2)フリーランス

「個人事業主」も「フリーランス」もほぼ同じ意味、同じことを指しているようにも感じますが、「フリーランス」であれば名刺の肩書きに記載されていても特に違和感はないかと思います。

ただ「役職」という意味での肩書きとしては違和感があります。

3)職種(デザイナー、コンサルタント、エディター、エンジニア など)

屋号を持たない場合の最有力候補なのが「職種」です。

例えば、
・デザイナー
・ディレクター
・コンサルタント
・キャリアカウンセラー
・エディター
・ライター
・エンジニア
・プログラマー
・プロジェクトマネージャー
・住居プランナー
などです。

#2)の「フリーランス」と組み合わせる場合もあります。

4)資格名(専門職系)

限られた専門職向けになりますが、資格の名称もメジャーな肩書きです。

・公認会計士
・税理士
・弁護士
・弁理士
・司法書士
・行政書士
・ファイナンシャルプランナー
・不動産鑑定士
・一級建築士
などなど。

まとめ – 屋号有無で大きく変わる

上述の通り、屋号有無で大きく変わります。

屋号有りの場合、「代表」という非常に分かりやすい肩書きが使えます。さらに職種を表す名称も加えれば、何が得意・仕事なのかも分かります。

一方、屋号無しの場合、突如「代表」と記載しても「???」となってしまうため、
・フリーランス
・職種
・フリーランス + 職種
などが有力候補です。

ご参考になれば幸いです。

関連記事:
意外に悩むフリーランス・個人事業主の名刺
フリーランス・個人事業主の名刺に自宅住所は載せるか?
個人事業主・フリーランスの印鑑
個人事業主・フリーランスのメールアドレスにGmailはNGか?
個人事業主になる前に知っておきたい「開業費」
開業費の償却方法(任意償却を活用して節税)
会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと

スポンサード リンク

  関連記事

個人事業主の信用力
個人事業主・フリーランスになるなら、まずはクラウドワークスに登録!

会社を退職して個人事業主・フリーランスとして独立する場合、まずは「クラウドワーク …

フリーランスがバーチャルオフィスを利用する理由
住所貸しサービスとは? – プライバシーと信頼感を買う

「住所貸しサービス」をご存知でしょうか? 住所貸しサービスは、バーチャルオフィス …

団体保険に加入している方は退職時に要注意

会社を退職して独立することを検討している方で、もし団体保険に加入している場合は、 …

会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと

会社を辞めて個人事業主になる前にやるべきことを整理してみました。(ほぼ私の経験談 …

個人事業主の開業費の具体例

事業を個人事業主として興す場合、全く初めての場合には、開業に伴って様々な費用が必 …

↑PageTop