勘定奉行のクラウド版が遂に登場

 

法人向けの会計ソフトでシェアの高い「勘定奉行」のクラウド版が遂に登場しました。

勘定奉行はオービックビジネスコンサルタント(OBC)の提供です。

日経新聞の報道によると
・3年後に奉行シリーズの売上高(約100億円)に占めるクラウドの比率を5~6割に高める
・勘定奉行クラウドの年間料金は税別15万円から、給与奉行クラウドは同18万円から
・ほかの奉行シリーズも2018年度から19年度上期にクラウド版を発売
とのことです。

#出典:「勘定奉行」雲に乗る OBCがクラウド版発売 (日経新聞)

「奉行シリーズ」には、会計ソフトの勘定奉行、給与計算ソフトの給与奉行の他、申告奉行、固定資産奉行、人事奉行など多くのサービスがあります。

料金面では、クラウドで先行している
・弥生会計
・マネーフォワード(MFクラウド会計)
・freee
に比べると高額です。

新規に顧客を獲得すると言うよりは、既存顧客をクラウド会計に奪われないための防衛策かもしれません。

ただ、弥生会計に続いて勘定奉行もクラウド対応した事で中小企業の会計ソフトはクラウドが当たり前になる時代の到来を感じます。(何を今さらと思われるかもしれませんが、まだまだクラウド化は遅れています)

関連記事:
クラウド会計ソフトの料金比較 – スタートアップ・ベンチャー向け
法人向けクラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」が登場!

  関連記事

決算月
会社設立時の決算期の決め方 – 決算日・決算月はいつが良い?

会社を設立する際、決算期(決算日・決算月)をいつにするか悩む方も多いと思います。 …

個人事業主・フリーランスの税務調査

確定申告の時期がやってまいりました。 今年が確定申告、初めての方も複数回目の方も …

節税って意味あるの?

個人事業主になり「節税」を真剣に考えます。 よく年末(年度末)になると利益調整の …

やよいの青色申告オンライン
やよいの青色申告オンライン 固定資産取得の取引手段を複数入力可能に

やよいの青色申告オンラインで「仕訳の入力」機能がリリースされたことにより、固定資 …

個人事業主への支払に源泉徴収は必要か?

「個人事業主への支払に源泉徴収は必要か?」と書きましたが、個人事業主の立場からは …

↑PageTop