個人事業主・フリーランスの印鑑

 

個人事業主・フリーランスの方はどのような印鑑を用意されているでしょうか?

個人事業主の開業届、NDA(機密保持契約書)、業務委託契約書、見積書、請求書、発注書などなど、個人事業主・フリーランスとして活動し始めたらすぐに印鑑が必要になります。

特別、事業用の印鑑を用意していない、という場合も多いかもしれませんが、流石にシャチハタというわけにはいきません、、、

特に「屋号」を用いている場合には、屋号の印鑑を用意したいところです。
#馬鹿馬鹿しく聞こえるかもしれませんが「それっぽさ」はとても重要です
#ある意味では、そのための「屋号」でもあります

事業用の印鑑は絶対に作らなきゃいけないものではありませんが、やはり「印象」には繋がります。

そして、個人事業主・フリーランスの信用力は低いのが一般的。もちろん、与信等はどうする事も出来ませんが、だからこそ、こういう細かな部分で「それっぽさ」を出し、信頼感を積み重ねていきたいところです。

そうは言っても、どんな印鑑を揃えれば良いのか分からない!という方には「個人事業主向け印鑑セット」をオススメします。正直、揃えるべき印鑑を調べたりするのが面倒と感じますよね、、、こうして「個人事業主向け」とパッケージにしてもらえてると楽で助かります。

関連記事:
会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
個人事業主になる前にやるべきこと番外編
意外に悩むフリーランスの名刺
フリーランスの名刺に自宅住所は載せるか?
個人事業主にはANAカード(アメックス)がオススメ
個人事業主は自分で会計入力(記帳)をしましょう!

  関連記事

個人事業税は費用に計上可能(損金算入可能)

個人事業主に発生する税金は主に ・所得税 ・住民税 ・個人事業税 の3つです。 …

Office 365 for Macの罠:Accessは非対応

常に最新版が利用可能なMicrosoftのOffice 365ですが、Windo …

個人事業主の開業費の具体例

事業を個人事業主として興す場合、全く初めての場合には、開業に伴って様々な費用が必 …

個人事業主:開業手続き書類まとめ(開業届など)

個人事業主として独立・開業する際の「開業手続き」に必要な書類を整理してご紹介しま …

フリーランスがバーチャルオフィスを利用する理由
フリーランスがバーチャルオフィスを使う理由

「バーチャルオフィス」という言葉を聞いたことは多いものの ・どんな人が利用するの …

↑PageTop