Google Analyticsから自分のアクセスを除外する方法

 

多くのサイト・ブログで利用されているアクセス解析ツール“Google Analytics”ですが、自分のアクセスを除外しないとレポートにノイズが入ってしまいます。表示の確認をPCおよびスマホで行うために頻繁にアクセスするケースなどです。

そこで、Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法をご紹介します。

1、IPアドレスでフィルタを設定

Google Analyticsの「アナリティクス設定」からフィルタを設定する事が可能ですが、その条件設定で自分のIPアドレスを除外条件に設定可能です。

GAフィルタ

上の画像のように「除外」「IP」「等しい」という形で条件を設定していきます。
そして「IPアドレス」に自分のIPアドレスを入力します。

自分のIPアドレスは、Googleで「IPアドレス 確認」などのワードで検索すると、IPアドレスを教えてくれるサイトが複数見つかりますので、そこで確認ください。

ただし、このIPアドレスによる除外は、決定的な問題があります、、、
それは、Wifiなどを利用している場合、自分のIPアドレスが変わってしまい、除外条件に入力するIPアドレスが一意に定まらない場合です。

#なお、IPアドレス固定のWifiサービスはこちらの記事でご紹介しています。

解決方法として、プロキシサーバを立てて固定IPアドレスでアクセスするようにする、、、という方法もありますが、ちょっとハードルが高いですね。

結論としては、この手法は、オフィスや自宅で固定IPからアクセスする場合にしか向いていません。
#ただし、この場合でも、スマホからのアクセスへの対応は出来ていません。

2、Google アナリティクス オプトアウト アドオン

Googleが公式に提供している「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」を使って、Google Analytics自体からオプトアウトしてしまうという手法もあります。

 

Googlean Alyticsオプトアウトアドオン

 

しかしながら、こちらもスマホ問題が残ります。このページにiPhoneからアクセスしてクリックしても残念ながらアドオンの設定は出来ません。

3、Ghosteryでオプトアウト

あるページでトラッキングされているトラッキングツールが分かる&オプトアウトの管理が可能なアドオンに”Ghostery“があります。

私はオプアウト管理と言うより、どんなタグが入っているのかを調べるために使っているアドオンのため、こちらでGoogle Analyticsからオプトアウトしてしまいました。

ghostery

ただし、これもスマホからのアクセスを除外出来ていません、、、

4、ユーザー定義でフィルタ除外する

Google Analyticsには、ユーザー定義という、いわゆるカスタム変数が用意されています。
自分だけがアクセス可能なページを用意し、このユーザー定義に「owner」などの値をセットし、管理画面からユーザー定義を使って除外フィルタを作成することで、自分のアクセスを除外することも可能です。

Google Analyticsユーザー定義

この手法の注意点は、Google Analyticsはトラッキングのために1st party cookieを用いているため、このページを別ドメインに作成してはいけません。計測対象のサイト・ブログのドメインに用意する必要があります。また、検索エンジンへのサイトマップにこのページが含まれないように注意したり、検索エンジンがインデックスしないようにmetaタグにnoindexを設定するなどのケアが必要です。

ただし、この手法は基本的にスマホにも対応可能なため優れた手法ではあります。

アクセス解析ツールの大前提

ここまで、自身のアクセスをレポートから除外する方法についててご紹介してきましたが、Google Analyticsに限らずアクセス解析ツール全般に言える大前提として、「100%完璧な計測は実現出来ていない」ことです。

理由は、Javascriptの実行を拒否設定しているブラウザ、cookieの設定を拒否設定しているブラウザ、アクセス解析ツールのJavascriptが実行される前に別のページ遷移したなどなど、いくつものケースが想定されます。

このような事情から、自分のアクセスを完璧に除外することに過度に注力する必要はないと考えます。アクセス解析ツールのレポートは参考値です。

関連記事:
便利なGoogle Analyticsの公式スマホアプリ
Google AnalyticsでMacユーザのアクセス割合を調べる方法
「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」とプライバシーポリシー

スポンサード リンク

  関連記事

all_in_one_seo_otoshiana
All in One SEO Packの落とし穴 – カテゴリーが”noindex”に

WordPressで必須プラグインの”All in One SEO …

WordpressのテーマSTINGER5
STINGER5の広告をカスタマイズ

WordPressのテーマとして有名なSTINGER5では、予め、Google …

eCPMとは?
eCPMとは?

広告の指標としてeCPMという言葉をよく目にしますが、eCPMが何を指すのか理解 …

OGPのFacebook Object Typeに"blog"を選択するのは注意
OGP設定項目”Facebook Object Type”に注意 – “Blog”は消えた選択肢?

WordPressのプラグインである「All in One SEO Pack」を …

WordpressのテーマSTINGER5
STINGER5で広告を最適化

WordPressの無料テーマとして有名なSTINGERシリーズの最新版「STI …

social_sumnail
ソーシャルの拡散効果がはっきり分かるGoogle Analyticsのレポート

facebook、twitterなどソーシャルの拡散効果がはっきり分かるデータが …

↑PageTop