Google AnalyticsでMacユーザのアクセス割合を調べる方法

 

Google AnalyticsでMac(PC / not iPhone)からのアクセス割合を調べる方法のご紹介です。

そんなの知ってるよ。

「ユーザレポート」>「ユーザ環境」>「ブラウザとOS」>「OS」で「iOS」を見れば良いんでしょ?と思った方、間違いです!

Google Analyticsの「ブラウザとOS」レポートの「iOS」

この「ブラウザとOS」レポートで集計されている「iOS」はiPhoneやiPadです。

Macbook airやMacbook Proなどの「PCでMac OS」からのアクセスを示すのは「iOS」ではなく「Macintosh」です。

ご存知でしたでしょうか?

本当にiOSはiPhoneやiPadのアクセスなのか検証

検証方法は単純です。

GAのセグメントでデフォルトで用意されている「モバイルとタブレットのトラフィック」を追加し、「iOS」と「Macintosh」について「全てのセッション」と「モバイルとタブレットのトラフィック」の2つのセグメントで比較します。

具体的には以下の手順です。

1)「モバイルとタブレットのトラフィック」セグメントを追加する

モバイルとタブレットのトラフィック

追加すると下図のように「全てのセッション」と「モバイルとタブレットのトラフィック」の2つのセグメントで比較可能になります。

Google Analytics モバイルとタブレットのトラフィック

2)「ユーザレポート」>「ユーザ環境」>「ブラウザとOS」>「OS」を確認

下図の通り、
・「iOS」は、全てのセッション=モバイルとタブレットのトラフィック
・「Macintosh」は、モバイルとタブレットのトラフィック=0
です。

モバイルとタブレットのトラフィック

3)さらに「iOS」の詳細を確認する

iOSをクリックして、iOSの詳細を確認するとバージョン情報が表示されます。このバージョンは、やはりiPhoneやiPadのiOSバージョンですね。

Google Analyticsの「iOS」のバージョン情報

まとめ:iOSはiPhoneやiPad、MacintoshはMacbook air、Macbook Proなど

GAでMacのPCユーザ割合を調べたい時は、
「ユーザレポート」>「ユーザ環境」>「ブラウザとOS」>「OS」
と進み「Macintosh」の割合を確認しましょう。

実は、MacのPCに関連する記事を書こうとして、そもそもこのサイトにアクセスしてくれてる方がどれくらいMacユーザなのか?を調べようとして、iOSとMacintoshに戸惑い上記の方法で検証した次第でした。

なお、書こうとした記事は、iPad air 2をMacbook airのデュアルディスプレイにしてしまう!というものです。

実際にiPad air 2を購入して以下のアプリをインストールすれば上手くいくはずなんです!

詳細は近日中にご報告します。

Duet Display
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥1,600

関連記事:
便利なGoogle Analyticsのスマホアプリ
Google Analyticsから自分のアクセスを除外する方法
「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」とプライバシーポリシー
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法

スポンサード リンク

  関連記事

Google Analytics
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」が上手く動作しない– Google Analytics

Google Analyticsが提供を開始している「ディスプレイ広告主向けの機 …

A8に登録されている色々なSEOサービス
正解が分からないSEOは怖い!

SEOの正解は誰にもわかりません。 理由は簡単で、Googleなどの検索エンジ …

all_in_one_seo_otoshiana
Googleリマーケティングリストの利用には母数が必要

Googleが提供するリマーケティングリスト機能ですが、実際にリマーケティングリ …

個人情報
プライバシーポリシー事例Pickup

参考にしたいプライバシーポリシーをPickupしてみました。 良品計画(無印良品 …

外部リンク(発リンク)はSEOに不利なのか?
外部へのリンク(発リンク)はSEOに不利?

SEOでは「リンクジュース」という言葉が使われ、外部サイトへのリンク(発リンク) …

ヤフープロモーション広告
Yahoo!プロモーション広告はフリーメールでは使えない

ヤフーが提供するYahoo!プロモーション広告では、フリーメールアドレスが利用で …

↑PageTop