ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

 

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポート」機能を活用すると、
・会員サービスを持たないサイトでも「年代」「性別」でセグメント作成可能
・3rd party DMPのデータを無料で使うかのように「興味関心」「購買意欲」などでセグメント作成可能
です。

実は「無料で」相当強力なレポートが手に入ります!

以下では、実際のレポートのサンプルを交えてご紹介です。

年代別・性別レポート

通常、会員サービスを提供しているサイトであれば、ログイン時に会員ID(をハッシュ化しものなど)を活用することで、会員DBの年齢データや性別データを元にサイト閲覧者を分析することが可能です。

逆に言うと、会員サービス(会員DB)がない限り、サイト閲覧者を年代や性別といった、いわゆる「デモグラ」(デモグラフィックデータ)で分析することは不可能です。

#有料のモニターデータや3rd party DMPのデータなどで分析する事は可能ですが

それが、Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポート」では会員サービスを持たなくても無料で「年代別」「性別」で分析可能になります。

▼サンプル(年代別)
Google Analytics 「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポート」

▼サンプル(性別)
Google Analytics 「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポート」

実数は隠していますが、ご覧の通り「年代別」「性別」でコンバージョン数、コンバージョン率(CVR)まで見れてしまいます。

購買意欲の強いセグメントレポート

上述のデモグラ以外にも
・アフィニティ カテゴリ
・購買意欲の強いセグメント
・その他のカテゴリ
というレポートも見れます。

サイト閲覧者が
・何に興味関心を持っているのか?
・何に購入意欲があるのか?
が分かります。

さらに、その各セグメント毎に先ほどの年代別・性別同様、コンバージョン率などの指標を確認可能です。

▼サンプル(購買意欲の強いセグメント レポート)
Google Analytics ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポート

これが無料で使えてしまうのですから、恐ろしい時代です。

ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの応用

この「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポート」は、単に上述のように「サイト閲覧者全体」に対してメッシュを切るだけでなく、
・ページ単位でメッシュを切る
・カスタムセグメントに利用する
ことも可能です。

「セカンダリ ディメンション」で年代別、性別、購買意欲の強いセグメントなどを選択すれば、メッシュ(クロス集計)が可能になります。

#どのレポートも一程度の母数が必要です

ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの利用手順

ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを有効化する必要があります。

そして、その前に「広告主向けの機能」の有効化も必要です。

Google Analyticsのプロパティ設定

また、プライバシーポリシーの修正をGoogleが求めていますので、その要件への対応も必要です。

参考記事:「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」とプライバシーポリシー

 

関連記事:「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」が上手く動作しない– Google Analytics
関連記事:「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法
関連記事:Google AnalyticsでMacユーザのアクセス割合を調べる方法
関連記事:Google Analyticsから自分のアクセスを除外する方法

スポンサード リンク
無料アクセス解析・エースアナライザー

スポンサード リンク

  関連記事

WordpressのテーマSTINGER5
STINGER5の広告をカスタマイズ

WordPressのテーマとして有名なSTINGER5では、予め、Google …

ヤフープロモーション広告
Yahoo!プロモーション経由のユーザはAdSenseをクリックしない

私は往々にしてアフィリエイトとAdSenseを併用しています。 その中、あるサイ …

外部リンク(発リンク)はSEOに不利なのか?
外部へのリンク(発リンク)はSEOに不利?

SEOでは「リンクジュース」という言葉が使われ、外部サイトへのリンク(発リンク) …

All in One SEOのバグ noindexがnonoindexに
All in One SEO Packのバグ”nonoindex”が修正

All in One SEO Packは、2015年1月2日にリリースされた2. …

google adsense
Google AdSenseの新広告「ページ単位の広告」を試してみました

Google AdSenseの新広告「ページ単位の広告」を試してみました。 ペー …

入札方法「CPM」の配信量を増やしてAdSenseの収益をUP!

AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開で記載した通り、当サイトはCP …

↑PageTop