個人事業主の福利厚生費は経費・損金に計上可能か?

 

個人事業主の福利厚生は認められるのか?という話をよく見ます。

原則として、福利厚生費は「従業員のために支出した費用」のことで、個人事業主(事業主)に福利厚生費という概念そのものがないようです。

とは言え、諸説あるようです。

税務署員のヒミツの節税術

実は、元国税局調査官の大村大次郎氏の著書「税務署員のヒミツの節税術」では、「一人でやっている個人事業者も福利厚生費を経費計上できる」と記載されています。
ただ、著書発売後、大村氏が税務署に確認を行っている中で、税務署から以下の回答を得たそうです。

「個人事業者の福利厚生費は、家事消費であり、損金には計上できない。この解釈は東京国税局の審理部門に確認済みであり、東京国税局の見解である。これ以上、法的根拠など、詳しいことを知りたければ、国税庁に聞いて欲しい」

出典:大村氏ブログ:個人事業者の福利厚生費についての回答

この根拠のない回答、、、 納得感はないですよね、、、

スーツ代は福利厚生費で落ちるのか?

よく題材にされる「スーツ代」 は福利厚生費で落ちるのか?

結論としては、「仕事以外でも着れるから」との理由から福利厚生費で落ちないと言われています。上述の税務署の回答で言うと、家事消費ということでしょうか。

とは言え、会社勤め中は服装自由だったものの、個人事業主として独立すると、対クライアント(特に営業フェーズ)でスーツが必要になった、なんてケースも多々あるのでは?と。

さらに、そんなこと言ったら、PCだって個人利用可能だし、officeなどのソフトウェアも全て同様じゃないか!と思ったりするのですが、、、
#PCやソフトウェアは、福利厚生費に計上しませんが、、、

もしくは、せめて家事按分の対象にする、とか。

 

と、自身の経費処理のために調べていたことのまとめでした。

ただし、最終的には税理士へのご相談をオススメします。

関連記事:
個人事業主・フリーランスの税務調査
節税と税理士報酬、どっちに比重を置くか?
旦那さんが独立して個人事業主になる場合の5つの注意点
個人事業主になる前に知っておきたい「開業費」
個人事業主の開業費の仕訳方法(国税局に確認済み)

スポンサード リンク

  関連記事

会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
開業費の償却方法(任意償却を活用して節税)

個人事業主が開業の準備期間に要した費用は開業費として「繰延資産」として計上できま …

freee
クラウド会計ソフトfreeeは現金主義会計

Macでも使える会計ソフト探しの一環で、クラウド会計ソフトの「freee」を使っ …

オフィスの地代家賃交渉
オフィスの家賃交渉は誰が担当?

オフィス移転の際、オフィスを探す担当者が社内で指名されることは一般的です。普通で …

個人事業主の開業費の具体例

事業を個人事業主として興す場合、全く初めての場合には、開業に伴って様々な費用が必 …

やよいの青色申告オンライン
やよいの青色申告オンラインは消費税に非対応

「やよいの青色申告オンライン」は消費税非対応です。 #追記:2015年6月29日 …

↑PageTop