eCPMとは?

 

広告の指標としてeCPMという言葉をよく目にしますが、eCPMが何を指すのか理解されているでしょうか?

何となく「eCPM=CPM」として認識していないでしょうか?

デジタル広告を理解する上で非常に重要な指標”eCPM”について図解を交えつつ、eCPMには主に2つの考え方があるため、その2つについてそれぞれ解説します。

1)クリック課金型広告など、インプレッション課金型広告以外の広告費を1,000imp当たりの収益額に変換した指標

eCPMはクリック課金型広告(CPC)などの広告費を1000imp当たりの広告費に変換した指標

一般的には、この1)のクリック課金型広告の広告費を1,000imp当りの広告費に変換した指標としてeCPMを説明されます。

つまり、1クリック当りの広告費であるCPC(Click per Cost)という指標を1,000imp当りの広告費に変換することで、インプレッション課金型広告で用いられるCPMと比較可能にしています。

課金方式の違いによらず広告の表示回数(インプレッション数)に対してどれだけの広告費がかかっているかを同じ指標で判断できるようになります。

具体的には以下のように計算します。 
(10,000impでCPC課金型での広告費がトータルで500円だった場合)

CPCをeCPMに変換した具体例

#1)のeCPMはCPCだけでなく、CPIやCPAもeCPMへ変換して用いる事があります。

2)クリック課金型広告やインプレッション課金型広告などを統合して広告費を1,000imp当たりの収益額に変換した指標

eCPMはクリック課金型広告(CPC)やインプレッション課金型広告(CPM)を統合した広告費を1,000imp当りの広告費に変換した指標

1)に対して、2)のパターンは、Google AdsenseのPRMのように、クリック型課金広告(CPC)もインプレッション課金型広告(CPM)も統合して、eCPMに変換している場合です。
#Google AdsenseのPRMはeCPMと同義です。こちらの記事をご参照ください。
参考記事:AdsenseのRPMとeCPMの違い

この場合は、課金方式に依らず全ての広告費をimpression回数で除算して1,000を乗じた値がeCPMです。

こちらの具体的な計算方法は以下となります。
(10,000impでCPC課金型での広告費がトータルで500円、かつ、10,000impでCPM課金型での広告費がトータル200円の場合)

CPCとCPMを合算してeCPMへ変換した具体例

こちらの見方は主にメディア側で用いられる指標で、課金方式の違いによらず広告の表示回数(インプレッション数)に対してどれだけの広告収益を得たかが分かります。

特にGoogle Adsenseを利用している場合、PRM(=eCPM)は2)のケースを指している事を頭に入れておくことが重要です。

関連記事:
AdSense + A8のeCPM公開!(2015年2月分)
AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
AdsenseとKauliのeCPM比較
eCPMとCPMの違い

  関連記事

Google Analytics
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法

Google Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwords …

AdsenseとKauliのeCPM比較

私は複数のブログでAdsenseとKauliを利用しています。 そこで、先月分の …

Google Analytics
便利なGoogle Analyticsの公式スマホアプリ

Google Analytics(GA)のデータ確認のためにいちいちPCを立ち上 …

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

WordpressのテーマSTINGER5
STINGER5で広告を最適化

WordPressの無料テーマとして有名なSTINGERシリーズの最新版「STI …

↑PageTop