AdsenseとKauliのeCPM比較

 

私は複数のブログでAdsenseKauliを利用しています。

そこで、先月分のAdsenseとKauliのeCPMを比較してみました。

結論から書くと「AdsenseのeCPM(=RPM)」は「KauliのeCPM」の5.94倍でした。

もちろん、広告の位置(広告枠)の違いもありますので、一概には比較出来ませんが、あるブログでKauliをサイドバナーTOPの広告枠に配置しているものもeCPMは低いです。

Adsenseは
・PCサイトでは3枠まで
・スマホサイトでは2枠まで
というGoogle Adsenseが定めるポリシー上の制約があります。

また、Adsenseはいわゆるスクロール広告もNGのため、私は主にスクロール広告でKauliを利用しています。
その他にもPCとスマホの差分に当たる1枠をKauliで埋めるような使い方もしています。

ただ、この結果を受けて、今年に入って、Kauliの広告枠を順次減らしています。

理由は、Kauliの広告を掲載することにより、
・ページの読み込み速度が重くなる
(ユーザビリティ上もSEO上も表示速度はマイナスのため)
・広告が「うっとうしい」と思われて離脱率が上がる可能性がある
・同じ広告主の広告が同時に掲載される可能性が上がる(*下図参照)
(ユーザにとっても広告主にとってもプラスではないのでは?)
というデメリットとKauliのeCPMを勘案してです。

*参考:同じ広告主の広告が同時に掲載されている事例

同じ広告主の広告が配信されている

Kauliの上手な活かし方があるのではと思うので、いったん枠を減らした上で再度チャレンジしてみます。

#追記@2015年1月17日
PCで閲覧した際、右下に配置していたスクロール広告にKauliを用いていましたが、広告枠としてではなくオススメページを表示する枠に変更しました。

狙いは、1セッション当りのPV数を伸ばすことにより、KauliよりeCPMの高いAdsenseのimp数を上げる&アフィリエイトを狙う形です。(効果が見られなければ、またKauliに戻す可能性が高いです。)

関連記事:
AdsenseのRPMとeCPMの違い
eCPMとは?
AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
STINGER5の広告をカスタマイズ
nend(ネンド)の成果報告 – eCPM公開
スマホスクロール型広告「nend」の成果報告 – CTRとeCPMを公開

スポンサード リンク

  関連記事

investment-olympic
岡三オンライン証券に口座開設で2,000円GET!

中堅証券である岡三証券のオンライン証券会社、「岡三オンライン証券」に口座を開設す …

個人情報
プライバシーポリシー事例Pickup

参考にしたいプライバシーポリシーをPickupしてみました。 良品計画(無印良品 …

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

広告をクリックしやすいユーザの存在

アフィリエイト中心のサイトで実験的にAdwordsを利用しました。具体的には、検 …

A8に登録されている色々なSEOサービス
色々なSEOサービス – A8広告主

SEO(Search Engine Optimization)は余りにも一般化し …

Google Analytics
「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」とプライバシーポリシー

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

↑PageTop