DSPのパフォーマンス比較(Google AdSenseから読み取る)

 

Google AdSenseのレポートの中には「広告ネットワーク」というレポートが存在します。

このレポートは、
・Google Adwords
・Criteo
・FreakOut
・Visury
など、広告主側が利用したDSP(このレポートではAdwordsも含まれますが)毎のインプレッション数やクリック数が確認可能です。

そのため、このレポートを読み取ると、DSP毎のパフォーマンスが見れてしまいます。

やはりクリック率が高いのはCriteo

やはりクリック率(CTR)が高いのはCriteoです。

CTRは平均値の3倍です。

次いでCTRが高いのは”Amazon APAC”と記載されるネットワークです。恐らく、amazonのリタゲ広告でしょうか。

Vizuryも平均値の2倍のCTRが確認出来ました。

結局、PLAと考えられるDSPのクリック率の高さが目立っています。

かつ、外資系DSPベンダーです。

クリック率が低いのは、、、

反対に極端にクリック率が低いのは、フリークアウトでした。

インプレッション数としては上位なのですが、その上位DSPの中で特にCTRが低いです。

ブランド広告主が多いのなら良いのですが、、、と自分が心配になってしまいます。

その他には、BladeもPC側はCTRが低いです。

こう見ていくと日本のDSPベンダーのパフォーマンスが低いように見えます。

 

非常に小さなサンプルでの話ですので、これが普遍的な結果とは思いませんし、サイトのテーマ・内容と広告主・DSPの相性が悪かっただけの可能性も大いにあります。

ただ「あ〜、やっぱりCriteoなんだ」というのが感想でした。

関連記事:アフィリエイト(A8)のクリック数がAdsenseのクリック数の8.2倍
関連記事:AdSenseのRPMとeCPMの違い
関連記事:広告をクリックしやすいユーザは存在する
関連記事:日本のCPMは安いのか?
関連記事:「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法

  関連記事

OGPのFacebook Object Typeに"blog"を選択するのは注意
OGP設定項目”Facebook Object Type”に注意 – “Blog”は消えた選択肢?

WordPressのプラグインである「All in One SEO Pack」を …

A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意

個人がアフィリエイトを始めるなら欠かせない存在であるアフィリエイトASP大手のA …

AdsenseとKauliのeCPM比較

私は複数のブログでAdsenseとKauliを利用しています。 そこで、先月分の …

DFA(DoubleClick for Advertisers)がDCM(DoubleClick Campaign Manager)に名称変更していた

今さら?なのでしょうが、今日気付きました。 いつの間にか、DFA(DoubleC …

野球つく!!
野球つく!はMac非対応(広告はMac OSでも表示されるものの・・・)

SEGAからリリースされている「野球つく!!」(やきゅつく)は、今のところPC版 …

↑PageTop