DSPのパフォーマンス比較(Google AdSenseから読み取る)

 

Google AdSenseのレポートの中には「広告ネットワーク」というレポートが存在します。

このレポートは、
・Google Adwords
・Criteo
・FreakOut
・Visury
など、広告主側が利用したDSP(このレポートではAdwordsも含まれますが)毎のインプレッション数やクリック数が確認可能です。

そのため、このレポートを読み取ると、DSP毎のパフォーマンスが見れてしまいます。

やはりクリック率が高いのはCriteo

やはりクリック率(CTR)が高いのはCriteoです。

CTRは平均値の3倍です。

次いでCTRが高いのは”Amazon APAC”と記載されるネットワークです。恐らく、amazonのリタゲ広告でしょうか。

Vizuryも平均値の2倍のCTRが確認出来ました。

結局、PLAと考えられるDSPのクリック率の高さが目立っています。

かつ、外資系DSPベンダーです。

クリック率が低いのは、、、

反対に極端にクリック率が低いのは、フリークアウトでした。

インプレッション数としては上位なのですが、その上位DSPの中で特にCTRが低いです。

ブランド広告主が多いのなら良いのですが、、、と自分が心配になってしまいます。

その他には、BladeもPC側はCTRが低いです。

こう見ていくと日本のDSPベンダーのパフォーマンスが低いように見えます。

 

非常に小さなサンプルでの話ですので、これが普遍的な結果とは思いませんし、サイトのテーマ・内容と広告主・DSPの相性が悪かっただけの可能性も大いにあります。

ただ「あ〜、やっぱりCriteoなんだ」というのが感想でした。

関連記事:アフィリエイト(A8)のクリック数がAdsenseのクリック数の8.2倍
関連記事:AdSenseのRPMとeCPMの違い
関連記事:広告をクリックしやすいユーザは存在する
関連記事:日本のCPMは安いのか?
関連記事:「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法

  関連記事

STINGER5とAll in One SEO PackでOGP設定する際はアイキャッチ画像のサイズに注意
STINGER5 × All in One SEO PackでOGPを設定する際は画像サイズに注意

WordPressの無料テーマであるSTINGER5 + SEOプラグインの&# …

Google AdsenseのRMPとeCPMの違い
AdSenseのRPMとeCPMの違い

AdSense(アドセンス)では”eCPM”ではなく&# …

Google Analytics
「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」とプライバシーポリシー

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

“WordPress Popular Posts”の表示をSTINGER5に合わせてみた

当ブログでも利用している人気記事を表示するプラグイン”WordPre …

CPM単価を上げる方法

インプレッション課金型広告(CPM)による収益を上げる方法があります。 前提とし …

↑PageTop