「詳しくはこちら」リンクは非効率

 

非常に多くのWebサイトで「詳しくはこちら」「詳しくはコチラ」というテキストリンクが使われています。

この「詳しくはこちら」リンクは
・ユーザビリティ
・SEO
の2つの観点からオススメしません。

私はSEOやWebサイトのコンサルではありませんが、クライアントが利用している場合、基本的に別の表現に置き換えるように「蛇足ですが」と言いながらも「詳しくはこちら」リンクを使わないことをオススメしています。

「詳しくはこちら」がダメな理由は2つ

「詳しくはこちら」リンクがダメな理由は2つあります。

1)ユーザビリティの観点で、このリンクが何を指すか伝わりづらい
2)SEO上、内部リンクのアンカーテキストを無駄にしている

「詳しくはこちら」という表記、ちゃんとそのページを見ていれば/読んでいれば、何を意図したリンクか普通は分かりますが、ページを流し読みしている場合などは「見逃しがち」になります。

実際、ユーザとして「詳しくはこちら」というリンク、分かりやすいですか?

この点については昔からユーザビリティについての情報発信を行っているU-Siteの以下の記事が参考になります。

参考:「さらに詳しく」というリンク:もっと良いものにできる

内部施策と言われるSEO対策の中でリンクの「アンカーテキスト」が重要視されています。

要は、テキストリンクの「テキスト」に含まれるキーワードがSEO上、評価が高まる、という事です。

具体的には
<a href=”http://xxx.com”>アンカーテキスト</a>
のように<a>要素で囲われたテキスト部分に含まれるキーワードについて、リンク先ページの評価が高くなります。

例えば、
・「詳しくはこちら」
・「アンカーテキストの効果について詳しくはこちら」
を比較した場合、
後者の方がリンク先ページの「アンカーテキスト」というキーワードでの評価が高まります。

この原理を前提にすると「詳しくはこちら」なんてリンク、勿体無くて仕方がないわけです。

 

以上、2点の理由から「詳しくはこちら」リンクはオススメしません。

#「詳しくはこちら」でも明らかに内容がわかる場合や、キーワードを無理に詰め込んでリンクが長くなり過ぎて逆にユーザビリティを損なう場合などは例外です。

関連記事:
外部リンク(発リンク)はSEOに不利?
WordPressで必須のSEOプラグイン- All in One SEO Pack
All in One SEO Packの落とし穴 – カテゴリーが”noindex”に
正解が分からないSEOは怖い!

  関連記事

google adsense
Adsenseが配信されないページ – カテゴリがアダルト?

当ブログでAdsense(アドセンス)が配信されないページが存在します。恐らく、 …

All in One SEOのバグ noindexがnonoindexに
All in One SEO Packのバグ”nonoindex”が修正

All in One SEO Packは、2015年1月2日にリリースされた2. …

入札方法「CPM」の配信量を増やしてAdSenseの収益をUP!

AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開で記載した通り、当サイトはCP …

google adsense
DSPのパフォーマンス比較(Google AdSenseから読み取る)

Google AdSenseのレポートの中には「広告ネットワーク」というレポート …

Google Analytics
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法

Google Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwords …

↑PageTop