個人情報のマーケットプレイス”Datacoup”

 

自分のfacebookやLinkedIn、デビットカード、クレジットカード等の情報を、自分自身で販売出来るマーケットプレイスDatacoup”について、いくつかの紹介記事をまとめてみました。

Datacoupの登録方法

自分の個人情報を販売できるサービス登場、クレジットカードからSNSに至るまであらゆるサービスから情報を収集して販売可能

こちらの記事で丁寧に画像付きで解説されています。

実際に販売した結果

実際に自分の個人情報を販売した結果をご紹介。

Datacoup 価格

約一月間で1ドル。

名簿業者に勝手に売られて自分には一切還元されないくらいなら、積極的に自分で売ってお小遣い稼ぎした方が得だ!という感情的な気分はあります(笑)

とは言え、高いのか安いのかよく分かりませんね、、、

 

ただ、ビッグデータ、パーソナルデータ等のキーワードに関連する注目の新産業なのは確かです。

日本では、ベネッセの個人情報流出事件により、改めて個人情報が売買されている事が表に出ておきており、さらに名簿業者の存在も広く知れ渡り、Datacoupのような消費者自身に収益が還元されるマーケットプレイスの後押しになるのではないかと期待しています。

関連記事:
プライバシーポリシー事例Pickup
プライバシーポリシー作成の難しさ
「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」とプライバシーポリシー

スポンサード リンク

  関連記事

京都大学
不倫議員の宮崎謙介は京大非常勤講師と経歴詐称

男性国会議員でも意休取得と突然言い出し、挙句、出産直前に浮気をしでかして週刊誌に …

英会話
英会話学習は「受験勉強感覚」ではなく「人間関係」が効率的

年末年始、実家に帰省して両親と話していて出た話題です。私は「たった一つ、親をうん …

国会
安保法案の採決で揺らぐ野党の存在意義

安保法案が採決されます。 一部では「強行採決」とも言われていますし、参院平和安全 …

元自民の武藤貴也議員は典型的な学歴ロンダリング

twitterでの発言で問題化し、さらに未公開株の「国会議員枠」購入を口実にした …

博士号取り消された小保方氏のぶっ飛んだコメント

STAP細胞問題を引き起こした小保方氏が、今回、博士号を取得していた早稲田大学か …

↑PageTop