クラウド型会計ソフトの利用率は約5%

 

クラウド型会計ソフトの利用動向調査(株式会社シード・プランニング デジタルインファクト)によると、クラウド型会計ソフトの利用率は約5%とのことです。

調査結果として以下3点がまとめられています。

■会計ソフト利用者のうちクラウド型利用率は5%
国内事業所会計におけるパッケージ型・クラウド型を合わせた会計ソフト利用率は約3割。うち、クラウド型会計ソフト利用率は5%。

■クラウド型利用者の4割強が「freee」を利用
最も利用されているクラウド型会計ソフトはfreee。クラウド型会計ソフト利用者の4割強がメインで利用していると回答。

■クラウド型会計ソフト選定のポイントと課題
サービス選定時には、「簡単」であることを重要視。課題は「セキュリティーに対する信頼性の向上」。

私が利用している「やよいの青色申告オンライン」は、11%でクラウド型会計ソフトでは、シェア3位でした。今年の10月からサービススタートした事を考えると、やはり「弥生会計」ブランド強し、という印象です。

参考記事:やよいの青色申告オンラインとfreeeを比較 – 消費税対応編

課題は「セキュリティーに対する信頼性の向上」

正直、この調査に回答した人達の理解不足に感じます。

今や、SAPのERPをAmazonが提供するクラウド環境(AWS)で動かしている事例もある時代です。

最初はSAPのERPがAWS上で?!と驚きましたが、、、

デジタルマーケティングの世界では、AWSを初めとするクラウド型サービスは一般化しましたが、まさかERP、それもエンタープライズ向けのSAPのERPがAWS上に導入される時代です。

そんな中、会計ソフト単体レベルで「クラウドだとセキュリティが不安」というのは既に時代遅れなのではないでしょうか。

#もちろん不安はありますし、セキュリティに関する情報をもっと欲しい、そうしないと情シスに話せない!なんて思いは分かるのですが、、、

#もちろん、サーバ環境のセキュリティ、アプリケーションのセキュリティ、開発会社のセキュリティは、別物です。
(特にベンチャーの場合、開発会社のセキュリティが本当は一番不安要素で、開発エンジニアがノートPCからDBに接続可能、、、なんてケースとか。それが例え、VPN回線だったとしても、そもそもノートPC自体を紛失すればアウトで、、、)

関連記事:
クラウド会計ソフトの料金比較 – スタートアップ・ベンチャー向け
クラウド会計ソフトfreeeは現金主義会計
クラウド会計ソフト「やよいの青色申告オンライン」を試してみた
やよいの青色申告オンラインまとめ
会計ソフトと支払調書で源泉徴収税額に差が発生
やよいの青色申告オンラインと連携済み利用実績15,000社以上のクラウド見積書・請求書作成サービスMakeLeaps

スポンサード リンク

  関連記事

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行で法人口座を開設する場合は必要書類に注意が必要

SBIグループのネット銀行である「住信SBIネット銀行」で法人口座を開設する場合 …

開業費の具体的な仕訳方法は?
個人事業主の開業費の仕訳方法(国税局に確認済み)

個人事業主は、開業前に事業のために要した費用を「開業費」という「繰延資産」として …

オフィスの地代家賃交渉
オフィスの家賃交渉は誰が担当?

オフィス移転の際、オフィスを探す担当者が社内で指名されることは一般的です。普通で …

小規模企業共済は要注意・デメリットも要検討!

個人事業主になると ・節税効果 ・年金や退職金代わり として「小規模企業共済」へ …

会計ソフト
会計ソフトと支払調書で源泉徴収税額に差が発生

自分で記帳した結果の「会計ソフトの源泉徴収税額」とクライアントから送られてきた「 …

↑PageTop