広告をクリックしやすいユーザの存在

 

アフィリエイト中心のサイトで実験的にAdwordsを利用しました。具体的には、検索とネットワーク(GDN)への配信の両方です。

そこで顕著だったのは、Adwordsで集客したユーザはAdsense広告をクリックしやすい!

Adwordsで集客したユーザは何とAdsenseクリック率3.05%!

そして、Adwords経由のユーザはアフィリエイトのクリック率も高く6.44%。

「Adsense + アフィリエイト」のクリック率は9.49%です。

#アフィリエイト中心サイトのため、そもそものAdSenseクリック率は低く、Adwords経由を除いたAdsenseのクリック率は0.24%です。

結論:広告をクリックしやすいユーザは存在する

上述のデータから「広告をクリックしやすいユーザは存在する」と言い切れると考えています。

ただ、仮説は2つあり、
1)純粋に広告をクリックしやすいユーザが存在する
2)広告をクリックしやすい状況(何かを探している場合など)であった
です。

1)の場合、低いCPCでユーザをサイトに誘導し、その後、twitter、facebook、RSS、メルマガなどへの登録を促してリピーター化施策を打つことで、上手くリピーター化させられれば、高いクリック率を維持可能と考えられます。

そもそもクリックしやすいユーザを集めてリピーター化させる、という少し違った視点でのマーケティング案でした。

関連記事:
AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
アフィリエイト(A8)のクリック数がAdsenseのクリック数の8.2倍
nend(ネンド)の成果報告 – eCPM公開
Yahoo!プロモーション経由のユーザはAdSenseをクリックしない
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法

  関連記事

日本のCPMは安いのか?

インプレッション課金型広告で用いられる主要な指標である”CPM&#8 …

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意

個人がアフィリエイトを始めるなら欠かせない存在であるアフィリエイトASP大手のA …

eCPMとCPMの違い
eCPMとCPMの違い

eCPMとCPMの違いをご存知でしょうか? 何となく「eCPM=CPM」として認 …

google adsense
AdSense + A8のeCPM公開!(2015年2月分)

先月(2015年2月分)の当ブログのeCPM公開です! 具体的には、AdSens …

↑PageTop