広告をクリックしやすいユーザの存在

 

アフィリエイト中心のサイトで実験的にAdwordsを利用しました。具体的には、検索とネットワーク(GDN)への配信の両方です。

そこで顕著だったのは、Adwordsで集客したユーザはAdsense広告をクリックしやすい!

Adwordsで集客したユーザは何とAdsenseクリック率3.05%!

そして、Adwords経由のユーザはアフィリエイトのクリック率も高く6.44%。

「Adsense + アフィリエイト」のクリック率は9.49%です。

#アフィリエイト中心サイトのため、そもそものAdSenseクリック率は低く、Adwords経由を除いたAdsenseのクリック率は0.24%です。

結論:広告をクリックしやすいユーザは存在する

上述のデータから「広告をクリックしやすいユーザは存在する」と言い切れると考えています。

ただ、仮説は2つあり、
1)純粋に広告をクリックしやすいユーザが存在する
2)広告をクリックしやすい状況(何かを探している場合など)であった
です。

1)の場合、低いCPCでユーザをサイトに誘導し、その後、twitter、facebook、RSS、メルマガなどへの登録を促してリピーター化施策を打つことで、上手くリピーター化させられれば、高いクリック率を維持可能と考えられます。

そもそもクリックしやすいユーザを集めてリピーター化させる、という少し違った視点でのマーケティング案でした。

関連記事:
AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
アフィリエイト(A8)のクリック数がAdsenseのクリック数の8.2倍
nend(ネンド)の成果報告 – eCPM公開
Yahoo!プロモーション経由のユーザはAdSenseをクリックしない
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」でGoogle Analyticsで作成したリマーケティングリストをAdwordsで利用する方法

  関連記事

google adsense
Adsense公式アプリは早くてサクサク

Google AdSenseの公式アプリ「Google AdSense」は、表示 …

AdsenseとKauliのeCPM比較

私は複数のブログでAdsenseとKauliを利用しています。 そこで、先月分の …

CPM単価を上げる方法

インプレッション課金型広告(CPM)による収益を上げる方法があります。 前提とし …

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

入札方法「CPM」の配信量を増やしてAdSenseの収益をUP!

AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開で記載した通り、当サイトはCP …

↑PageTop