アクアライン(6173)のIPOは低調

 

8/31(月)に東証マザーズに新規上場したアクアライン(6173)は期待に反して低調な結果でした。

公募割れは避けたものの
・公募価格:1,250円
・初値:1,521円
・高音:1,563円
・安値:1,423円
・終値:1,477円
と、初値で+21.7%、終値で+18.2%でした。

アクアラインの前評判

主幹事証券がいちよし証券と渋いものの
・マザーズ上場
・公募価格1,250円に対する予想PERは14.5倍
・吸収金額5億未満の小型IPO
・売出なし
・VCの出資比率10%程度
・3,000枚のプレミアムIPO
・フィスコIPOナビでの初値メドは2100-2500円
と、比較的好材料が並んでいました。

もちろん、
・地味
・地方企業
・創業20年でベンチャー感は薄い
・従業員数を考慮すると生産性は低い
などのマイナス面もありました。

さらに
・世界同時株安後の地合の悪さ
・先週IPOしたメタップスの公募割れ
・需要申告直前でのネットマーケティングのIPO中止(見直し?延期?)
など、相場も良くはなかったです。

さて、9/2(水)に予定されるSTUDIOUS(3415)とベステラ(1433)の同日上場はどのようになるでしょうか?両社共に比較的人気のようですが。

関連記事:NISAはIPOで活用
関連記事:日本取引所が超高速取引などの監視体制強化
関連記事:オリンピック景気を見込んだ長期投資
関連記事:FXは外貨預金よりメリットが一杯
関連記事:通貨分散で海外分散投資
関連記事:投資銘柄を簡単に選ぶ方法
関連記事:日経新聞が「IPO株投資 中長期でのリターン狙いも」を紹介したタイミングがイヤらしい

  関連記事

お金のデザイン
ロボアドは為替リスクに要注意 – 円高で大損

THEOを始めとする「ロボアド」(ロボットアドバイザー)が注目を集めています。 …

日本経済新聞
日経新聞の強引な郵政上場応援記事

日本郵政グループの上場が2015/11/4に決まった今日、日経新聞が出した「郵政 …

THEO(テオ)
THEO(テオ)のリリース内容は恣意的 – 89%が投資ほぼ未経験者?

お金のデザインが提供するロボアドバイザー「THEO(テオ)」のリリース内容が余り …

日本郵政
郵政3社のTOPIX採用によるインデックス買い結果

2015年12月30日に郵政3社、日本郵政・かんぽ生命保険・ゆうちょ銀行がTOP …

三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行のスーパー普通預金にメリットはあるか?

三菱東京UFJ銀行には「スーパー普通預金」(メインバンク プラス)というサービス …

↑PageTop