ロゼッタ&あんしん保証のIPO初値は4倍超

 

11月19日、東証マザーズに新規上場したロゼッタ(6182)とあんしん保証(7183)の初値は4倍超の高騰です。

ロゼッタ(6182)のIPO

ロゼッタの公募価格は695円でしたが、上場初日、二日目とS高の買い気配のまま初値が付いていません。

上場二日目の11月20日(金)は公募価格の5.3倍(+428.5%)の3,680円で買い気配で終わりました。

結局、上場三日目の11月24日(火)に公募価格の5.3倍(+433.1%)の3,705円でした。

参考:
ロゼッタ(6182)は上場後2日連続の買い気配で初値付かず(外部リンク)
ロゼッタ(6182)の初値は+433.1%(約5.3倍)(外部リンク)

上場二日目は即金規制となりながらも、そのままカイ気配で終えている力強さがありますね。
#即金規制についてHonest IPOの「 IPOの即金規制(新規上場銘柄の売買に関する規制措置)とは?」で詳しく説明されています。

あんしん保証(7183)のIPO

あんしん保証の公募価格は1,460円でしたが、上場二日目で初値が付き、公募価格の3.9倍(+292.5%)の5,730円でした。

100株手に入れていれば、初値で売っただけで427,000円の儲けです!

#ただし、初値を付けて高値の6,050円に至った後は、急落してストップ安の4,730円です。

参考:あんしん保証(7183)の初値は+292.5%(外部リンク)

 

なお、11月20日に東証1部に上場したベルシステム24ホールディングス(6183)は、公募割れし、公募価格1,555円から-5.0%の1,478円が初値でした。

関連記事:
日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の初値形成!
郵政3社がTOPIXに採用されるタイミング
NISAはIPOで活用
ネットマーケティングのIPO中止理由の真相は?

スポンサード リンク

  関連記事

郵政上場
日本郵政の自社株買いの結果(株価への影響)

12月2日発表され、翌3日に実施された日本郵政(6178)の自社株買いの結果(株 …

会社を辞めて個人事業主になる前にやるべき7つのこと
NISAはIPOで活用

株や投資信託の売買益および配当金にかかる課税が0%になるNISA(少額投資非課税 …

お金のデザイン
ロボアドは為替リスクに要注意 – 円高で大損

THEOを始めとする「ロボアド」(ロボットアドバイザー)が注目を集めています。 …

マネーフォワード
マネーフォワードのセキュリティは安全か?

家計簿・資産管理サービスの「マネーフォワード」は300万ダウンロードを突破したW …

データセクション
データセクション(3905)の業績予想の幅が大き過ぎる

ビッグデータ関連銘柄のデータセクション(3905)ですが、業績予想をレンジ形式で …

↑PageTop