ロゼッタ&あんしん保証のIPO初値は4倍超

 

11月19日、東証マザーズに新規上場したロゼッタ(6182)とあんしん保証(7183)の初値は4倍超の高騰です。

ロゼッタ(6182)のIPO

ロゼッタの公募価格は695円でしたが、上場初日、二日目とS高の買い気配のまま初値が付いていません。

上場二日目の11月20日(金)は公募価格の5.3倍(+428.5%)の3,680円で買い気配で終わりました。

結局、上場三日目の11月24日(火)に公募価格の5.3倍(+433.1%)の3,705円でした。

参考:
ロゼッタ(6182)は上場後2日連続の買い気配で初値付かず(外部リンク)
ロゼッタ(6182)の初値は+433.1%(約5.3倍)(外部リンク)

上場二日目は即金規制となりながらも、そのままカイ気配で終えている力強さがありますね。
#即金規制についてHonest IPOの「 IPOの即金規制(新規上場銘柄の売買に関する規制措置)とは?」で詳しく説明されています。

あんしん保証(7183)のIPO

あんしん保証の公募価格は1,460円でしたが、上場二日目で初値が付き、公募価格の3.9倍(+292.5%)の5,730円でした。

100株手に入れていれば、初値で売っただけで427,000円の儲けです!

#ただし、初値を付けて高値の6,050円に至った後は、急落してストップ安の4,730円です。

参考:あんしん保証(7183)の初値は+292.5%(外部リンク)

 

なお、11月20日に東証1部に上場したベルシステム24ホールディングス(6183)は、公募割れし、公募価格1,555円から-5.0%の1,478円が初値でした。

関連記事:
日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の初値形成!
郵政3社がTOPIXに採用されるタイミング
NISAはIPOで活用
ネットマーケティングのIPO中止理由の真相は?

  関連記事

日本経済新聞
GPIF(年金)の運用損失が3ヶ月で7.9兆円

テレビも含め各種ニュースで公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政 …

インデックス投資:投資信託とETFの違い

日経平均やTOPIXに連動した値動きを目指す「インデックス投資」ですが、現在、イ …

日本経済新聞
ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険は本当に割安感があるのか?

日経新聞で「高配当利回り・割安感に投資家需要強く 郵政2社株の価格決定」という記 …

インド
インドへの投資を考える(経済成長間違いなし!)

インドへ投資したい! PwCが2017年に発表したレポートの中でインドについては …

ヤマダ電機
ヤマダ電機の株主優待券の使い方

ヤマダ電機の株主優待券は人気の株主優待です。 私もヤマダ電機株は数年程保有し続け …

↑PageTop