ロゼッタ&あんしん保証のIPO初値は4倍超

 

11月19日、東証マザーズに新規上場したロゼッタ(6182)とあんしん保証(7183)の初値は4倍超の高騰です。

ロゼッタ(6182)のIPO

ロゼッタの公募価格は695円でしたが、上場初日、二日目とS高の買い気配のまま初値が付いていません。

上場二日目の11月20日(金)は公募価格の5.3倍(+428.5%)の3,680円で買い気配で終わりました。

結局、上場三日目の11月24日(火)に公募価格の5.3倍(+433.1%)の3,705円でした。

参考:
ロゼッタ(6182)は上場後2日連続の買い気配で初値付かず(外部リンク)
ロゼッタ(6182)の初値は+433.1%(約5.3倍)(外部リンク)

上場二日目は即金規制となりながらも、そのままカイ気配で終えている力強さがありますね。
#即金規制についてHonest IPOの「 IPOの即金規制(新規上場銘柄の売買に関する規制措置)とは?」で詳しく説明されています。

あんしん保証(7183)のIPO

あんしん保証の公募価格は1,460円でしたが、上場二日目で初値が付き、公募価格の3.9倍(+292.5%)の5,730円でした。

100株手に入れていれば、初値で売っただけで427,000円の儲けです!

#ただし、初値を付けて高値の6,050円に至った後は、急落してストップ安の4,730円です。

参考:あんしん保証(7183)の初値は+292.5%(外部リンク)

 

なお、11月20日に東証1部に上場したベルシステム24ホールディングス(6183)は、公募割れし、公募価格1,555円から-5.0%の1,478円が初値でした。

関連記事:
日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の初値形成!
郵政3社がTOPIXに採用されるタイミング
NISAはIPOで活用
ネットマーケティングのIPO中止理由の真相は?

スポンサード リンク

  関連記事

日本経済新聞
ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険は本当に割安感があるのか?

日経新聞で「高配当利回り・割安感に投資家需要強く 郵政2社株の価格決定」という記 …

investment-olympic
個人向け国債を年利0.1%超で運用する方法

2016年5月現在、マイナス金利の影響もあり、個人向け国債の利回りは年利0.05 …

investment-olympic
岡三オンライン証券に口座開設で2,000円GET!

中堅証券である岡三証券のオンライン証券会社、「岡三オンライン証券」に口座を開設す …

郵政上場
日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の初値形成!

11月4日に東証1部に新規上場した郵政3社、日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保 …

SBI証券
SBI証券でケイアイスター不動産の需要申告を忘れました、、、

SBI証券が幹事を務める「ケイアイスター不動産」の需要申告(ブックビルディング) …

investment-olympic
厳選!オススメ株主優待はこの銘柄!

数ある株主優待の中でも特にオススメの株主優待をピックアップしました! 優待利回り …

↑PageTop